全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

農産加工場や定住促進住居 立谷沢に活性化センター

「立谷沢川流域活性化センター」(仮称)としてリニューアルする旧立谷沢保育園

 庄内町立谷沢地区の定住人口促進を図る「小さな拠点(立谷沢地区)」整備事業で、リニューアルが進められている「立谷沢川流域活性化センター」(仮称)が来年3月に完成し、新年度の利用開始を見込んでいる。

 同事業は2014年まで立谷沢保育園として利用されていた庄内町肝煎の克雪管理センターを改修し、人口減少や少子高齢化が進む立谷沢地区の地域づくりに生かすもの。同地区の人口は今年4月1日現在で575人。10年前の07年4月1日現在の836人に比べて約260人減少している。

 センターは鉄筋コンクリート造り2階建てで延べ床面積623平方メートル。1階に農産加工場と交流の場となる多目的スペース、2階にワンルームの「定住促進住居」2部屋と移住希望者が短期間の仮住まいとして利用できる2LDKの「移住体験住居」1部屋が設けられる。

 メーンとなる農産加工場は地元の農林水産物を活用した特産品作りを推進。内部工事完了後、レトルト商品や缶・瓶詰め、総菜などを作る機材を導入。来年秋ごろの利用開始を予定している。

 また、来年2月には立谷沢地区を活動拠点とする地域おこし協力隊の女性2人が新たに着任し、主に加工場運営を担うほか、商品開発や販路拡大の手助けなどを行う。2人は4月から同センターの定住促進住居に入居。「移住体験住居」の利用開始は夏ごろを予定。

関連記事

紀伊民報社

ビーチラグビー開幕 44チームが熱戦

 和歌山県白浜町の白良浜海水浴場で25日、第25回ビーチラグビー白浜大会(実行委員会など主催)が開幕した。新型コロナの影響で中止していたため、3年ぶりの開催となる。10都府県から3部門に計44チ...

荘内日報社

創立60周年節目祝う 羽黒学園 羽黒高校

 鶴岡市の羽黒高校(加藤和司校長、生徒766人)で23日、同校の創立60周年記念式典が行われ、在校生や教職員などが節目の年を祝った。  同校は1962(昭和37)年に羽黒工業高校として創立。89(平成元)年に...

「感じる」企画 祭典彩る ガーデンフェスタ北海道、来月24日まで 苫小牧で..

第39回全国都市緑化北海道フェア(ガーデンフェスタ北海道2022)が開幕した25日、苫小牧市の協賛会場である出光カルチャーパーク(末広町)でオープニングセレモニーが行われた。7月24日までの期間中...

インバウンドは「店長」におまかせ ハニフさん着任 道の駅うらほろ

 道の駅うらほろ(浦幌町北町16、国道38号沿い)に4月から、マレーシア人のイザハ・ハニフさん(28)が「店長」として勤務している。指定管理者の道の駅うらほろ直売会によると、2009年の開業以来、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク