全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ショパン国際ピアノコンクールアジア大会小学部門 中村君(明野小2年)と長松君(北星小5年)が奨励賞

「第22回ショパン国際ピアノコンクールinASIA」(組織委員会主催)のアジア大会で、苫小牧明野小2年の中村斗哉君(8)と北星小5年の長松海世君(11)が、それぞれ出場部門の奨励賞を受賞した。2人は賞状とメダルを手に喜びを語り、さらなる表現力の向上に意欲を見せた。

奨励賞を受賞した中村君(右)と長松君

 同コンクールは優れた演奏家の発掘・育成を目的に地区大会、全国大会、アジア大会の順で毎年開催されている。今回は2020年10月5日から21年1月5日までの間、新型コロナウイルス感染拡大防止のため会場を設けず、参加者が自ら撮影した動画を、動画投稿サイト「ユーチューブ」上に投稿するオンライン形式で行われた。

 中村君は12月中旬の全国大会で銅賞を受賞し、アジア大会の出場権を獲得。シマノフスカの「コントルダンス」を演奏し、72人が参加した小学1、2年生部門で奨励賞に輝いた。「観客がいなかったからリラックスでき、ダンスをしているような気持ちで弾いた」と振り返り「もっとうまく弾けるよう、これからも練習を頑張りたい」と笑顔を見せた。

 ピアノ歴約4年の長松君も全国大会で銅賞、81人が参加したアジア大会小学5、6年生部門で奨励賞を受賞した。ショパンの「幻想即興曲」を選び、「弾き方のタッチなど難しいところがたくさんある曲。風の音や風景をイメージして演奏した」と話す。納得できる演奏ができず悔しい気持ちだといい、「たくさん勉強して、もっといろいろな音色を出せるようになりたい」と成長を誓った。

関連記事

荘内日報社

ゲームクリエーターの仕事って? 広野小

 子どもたちの職業観を養おうと酒田市の広野小学校(齋藤太校長)で26日、ゲームクリエーターの水越俊一さん(酒田エス・エー・エス開発部長)を講師に招いた、キャリア教育の授業が行われた。  この日は水...

実勝寺の「一世紀」刊行 芽室で開基100年

 芽室町内の日蓮宗本樹山実勝寺(東芽室南2線、内山智伸住職)が2020年に開基100年を迎えたことを記念し、「開基百年史 寶土(ほうど)」を刊行した。5年ほどかけて編さんしてきた同寺護持会元事務局...

宇部日報社

山口大医学部付属病院の患者支援センターが3月1日にリニューアルオープン

 山口大医学部付属病院(杉野法広病院長、756床)の患者支援センターが3月1日にリニューアルオープンする。外来診療棟玄関を入って左手奥の会計窓口横に新設。約100平方㍍と従来の3倍の広さになり、...

長野日報社

白樺湖畔に「森の美術館」オープン ペネロペ絵本原画展開催

池の平ホテル&リゾーツは28日、長野県茅野市と北佐久郡立科町にまたがる白樺湖の湖畔エリアに「白樺リゾート森の美術館」をオープンする。世界の影絵・きり絵・ガラス・オルゴール美術館、蓼科テディベア...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク