全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

農業用ドローン導入 種は自動で田植え不要に みやぎ米穀

農業用ドローンを導入したみやぎ米穀。ドローンが自動で種もみを植えていった=19日午後、平得

 ICT技術で作業効率化を図るスマート農業を展開する農業生産法人㈱みやぎ米穀(宮城翔伍代表取締役社長)は19日午後、農業用ドローン(小型無人機)を導入した1期米作りを始めた。同ドローンはほ場に自動で種まきする種子直播が可能。この導入によって従来の育苗や田植えは不要。同社は稲作の低コスト化、省力化に期待している。

 導入した農業用ドローンは全長2㍍弱のサイズ。ほ場の場所を事前にGPSで指定することで、種や薬剤の自動散布が可能。ドローンで播種する種もみは鉄粉でコーティングしたもの。種もみの重量を増やすことで、上空2㍍の高さから播種しても深く植えられるという。

 同社によると一般的な田植えは▽播種▽苗床の移動▽苗床への水やり▽苗床の移動▽田植え―と5工程あり、作業期間は1カ月半ほど。ドローン導入により5工程がなくなり、短時間で播種できる。育苗時の培土や水やりも不要となり、作業も1人で完結するため、人件費や育苗コストも削減できる。

 この日、ドローンでの作業は、平得にある0・3㌶のほ場で実施。上空から「石垣島ひとめぼれ」の種もみを直播し、12~13分で終了した。

 同社の宮城代表は「通常、1時間かかる作業が10分でできた」と作業コスト減を実感。宮城智一顧問は「この(ICT)技術は若者にとって難しいものではなく、田んぼに入ることもない。スマート農業の力を借りて、若者の参入を促したい」と期待した。

 ドローンでの播種は計0・5㌶を予定。収穫は7月上旬という。今後、除草剤散布なども行う。ドローンを使った稲作は市内で初。

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク