全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

子ども向け木工体験 自分だけの「鬼滅」の刀作ろう

作業に打ち込む地元の子どもたち(和歌山県印南町羽六で)

 和歌山県印南町羽六の民泊施設「こさめ庵」(上西幸彦さん経営)は、地元の子どもたちに木工体験の場を提供している。今は、人気アニメ「鬼滅の刃」に登場する刀を作るのがはやっており、地域の子どもたちが休日に訪れ作業を楽しんでいる。

 上西さんは本業の大工で発生する端材を使い、おもちゃを作って子どもたちにプレゼントしている。昨年の秋から、民泊施設の敷地内で木工教室を主催。近くの清流小学校の児童らが、端材を使った作品作りに取り組んできた。
 「鬼滅の刃」の影響で、子どもたちの間で刀作りがはやり始め、上西さんがインターネットでアニメに登場する刀を確認。細長い端材の角をかんなで削って滑らかにし、糸のこで切り取ったつばを取り付ける。塗料で着色して、柄にひもを巻いて見本を仕上げた。子どもたちは上西さんに工程を教わり、自分で作っている。
 休日には地元の小中学生が連れ立って訪れ、作業に没頭。さやの色やひもの巻き方をアレンジしながら、2時間ほどで作品を仕上げている。
 赤一色にしたという清流小3年の五島樹君は「今までに何本も作った。いろんな道具を貸してもらって作ることができてとても楽しい」と笑顔を見せた。
 端材は余った物があるが、数種類ある塗料やひもといった消耗品は、子どものために購入して上西さんが用意しているという。
 上西さんは「慣れた子どもはほとんど自分で作るようになっており、けがをしないようにだけ見守っている。新型コロナウイルスで窮屈な思いをしている子どもたちに、少しでも楽しみを感じてもらえればうれしい」と話している。

関連記事

荘内日報社

ゲームクリエーターの仕事って? 広野小

 子どもたちの職業観を養おうと酒田市の広野小学校(齋藤太校長)で26日、ゲームクリエーターの水越俊一さん(酒田エス・エー・エス開発部長)を講師に招いた、キャリア教育の授業が行われた。  この日は水...

実勝寺の「一世紀」刊行 芽室で開基100年

 芽室町内の日蓮宗本樹山実勝寺(東芽室南2線、内山智伸住職)が2020年に開基100年を迎えたことを記念し、「開基百年史 寶土(ほうど)」を刊行した。5年ほどかけて編さんしてきた同寺護持会元事務局...

宇部日報社

山口大医学部付属病院の患者支援センターが3月1日にリニューアルオープン

 山口大医学部付属病院(杉野法広病院長、756床)の患者支援センターが3月1日にリニューアルオープンする。外来診療棟玄関を入って左手奥の会計窓口横に新設。約100平方㍍と従来の3倍の広さになり、...

長野日報社

白樺湖畔に「森の美術館」オープン ペネロペ絵本原画展開催

池の平ホテル&リゾーツは28日、長野県茅野市と北佐久郡立科町にまたがる白樺湖の湖畔エリアに「白樺リゾート森の美術館」をオープンする。世界の影絵・きり絵・ガラス・オルゴール美術館、蓼科テディベア...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク