全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

子ども食堂に支援の輪 地元や県外から食材提供 かぶさ食堂

世田谷・みっとの春藤代表、下地食品㈱の下地さんから食材の提供を受けたかぶさ食堂の川満祐次・牧子夫妻(左から)=18日午後、かぶさ食堂

 13日から子ども食堂を再開させた「かぶさ食堂」(川満祐次店主)に支援の輪が広がっている。地域の子育て支援に役立ててもらおうと地元企業のほか、県外の子ども食堂からも食材の提供が寄せられた。温かなつながりに川満店主は「本当にありがたい」と感謝する。

 このうち東京都世田谷区の子ども食堂「せたがやこども食堂みっと」の春藤伊都子代表は18日、米50㌔を提供した。春藤代表は20年近く石垣島に通っており、2016年から川満夫妻と知り合い、SNSを通じた情報交換など交流を深めている。

 互いの食堂で活用できるよう春藤代表はお米を、かぶさ食堂はパイナップルや八重山そば、アーサ、ポークなどの食材を毎年送りあい、子どもたちにふるまっている。今回も春藤代表が店を訪れお米を手渡した。

 春藤代表は「遠く離れていてもつながっているのでとても励みになる。かぶさ食堂は行動力があってアクションが速い。地域の子育て支援が日々進化しているのを見て私たちもパワーをいただいている」と笑顔を見せた。

 また「子ども食堂は食べるだけではなく子どもの居場所でもある。心、関係性の貧困が課題になるなかで、親でも先生でもない第3の大人として力になりたい。今後も応援し合っていけたら」と語った。

 地元企業では下地食品㈱から「黄金そば」50袋、石垣島リラクゼーションハンモックからお米の提供があったほか、県の事業「おきなわこども未来ランチサポート」から缶詰や調味料など数多くの食品の提供を受けた。

 下地食品の下地守さんは「(コロナで)みんな苦しい。自分たちができることはこれくらいだが、困った人たちのために協力したい」と話した。

 川満店主は「こうした取り組みは一人だけではできない。こんな時代だからこそつながりを大事にしたい。支援を通して人と人を結ぶきっかけになれば」と期待、妻・牧子さんは「本当に心強い。今後も縁を大切にしながらつながっていけたら」と目を細めた。

 食材は毎週土曜午後5時~7時に開かれる子ども食堂と無料配布を行う「地域むすび弁当」に使用される。

関連記事

紀伊民報社

江戸時代の錫杖? 児童が河原で見つける

 和歌山県田辺市龍神村湯ノ又の河原で地元の小学生2人が、僧侶が行脚する時に用いる仏具「錫杖(しゃくじょう)」の一部が落ちているのを見つけた。形状や傷み具合などから、江戸時代に作られたものと推測さ...

市協働・男女平等参画室 性の多様性を理解する職員に 「アライバッジ」配布

苫小牧市協働・男女平等参画室は、性的少数者への理解と支援の意志を持つ市職員に対し、支援者を意味する「ALLY(アライ)バッジ」を配布する取り組みを始めた。バッジを名札などに付けて「アライ」であるこ...

荘内日報社

常に学びの心忘れず努力(荘内看護専門学校)
入学20人看護の道目指し決意

 鶴岡市立荘内看護専門学校(鈴木聡校長)の入学式が15日、市立荘内病院講堂で行われ、第48回生の20人が看護の道を目指し、勉学に励む決意を新たにした。  1950年に創立され、3年制で看護師国家資格の...

宇部日報社

常盤公園でボタン見頃 昨年より早く 大ぶりで艶やか【宇部】

 常盤公園でボタンが見頃を迎えている。昨年より10日ほど早く開花。ぼたん苑では約100品種、250株が咲き誇り、ふくいくとした香りを漂わせている。    鮮やかなピンク色の「紅輝獅子」、純白の「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク