全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

帯広市のパスポート窓口“開店休業” 申請9割以上減

コロナの影響で申請件数が落ち込んでいる市役所のパスポート窓口

 帯広市の今年度のパスポート(旅券)申請件数は1月末時点で195件にとどまり、前年同時期(2991件)から9割以上減少している。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で国際線が軒並み運休・減便となり、海外旅行に加えてビジネス出張が激減、旅券申請に影響した。

 コロナ以前の申請件数は毎月200~400件程度で推移していたが、昨年3月以降は月10~20件に落ち込んでいる。

 象徴的だったのは帯広大谷高校(大西正宏校長)の国際体験学習の変更。今年は行き先を急きょハワイから沖縄に切り替えた。

 例年は海外に行くことになっているため、入学した1年生は春休み中(12~3月)にパスポートを取得することになっていた。「コロナの影響で海外に行けるめどが立たない」(同校)とし、情勢を見守っている状況だ。

 市の担当者は「例年なら最も申請が多い1月でも窓口はほとんど混雑しなかった」とする。海外渡航がいつ回復するのかは不透明で、市役所1階のパスポート窓口は当面、「開店休業」状態が続くとみられている。

関連記事

宇部日報社

宇部西高生が中学校の卒業生のためにコサージュ作り

 宇部西高(柴田利道校長)で8日、市内の8中学校と宇部総合支援学校の卒業生に贈る生花コサージュ作りが行われた。農業クラブなどに所属する生徒有志8人が心を込めて作業した。    コロナ禍で不安を抱...

十勝舞台、漫画「銀の匙」 初の大型展 東京・松屋銀座

 十勝を舞台にした人気漫画「銀の匙(さじ)Silver Spoon」の連載開始10周年を記念した初の大型展覧会が8日、都内の松屋銀座8階で始まった。作者の荒川弘さん(幕別町出身)がこの展覧会のため...

躍動感あふれる演舞で魅了 沖永良部島 舞勇BEATがエイサー発表会

 鹿児島県沖永良部島のエイサー団体「舞勇BEAT」は7日、和泊町研修センターで発表会を開いた。小学生から一般まで25人が出演し、躍動感あふれる演舞で観客を魅了した。  舞勇BEATは、沖永良部...

知事 離島訪問前にPCR検査を 感染予防に協力呼び掛け

 【那覇】新型コロナウイルスの拡大に伴う県独自の緊急事態宣言が終了して1週間余が経過した8日、玉城デニー知事は県庁で会見し、離島への帰省や訪問などを検討している人への事前のPCR検査受検や、健康観...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク