全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

大田、黒羽根選手のパネル登場 日ハム応援大使 音更

役場ロビーに設置された大田、黒羽根両選手の等身大パネル

 プロ野球北海道日本ハムファイターズの2018年の音更町応援大使を務める、大田泰示外野手と黒羽根利規捕手の等身大パネルが、役場1階ロビーに設置された。

 応援大使は、道内市町村のまちを盛り上げる球団の取り組み。18年は音更、広尾を含む道内18市町村で37選手が務める。

 等身大パネルは球団から寄贈されたもので、選手のサイン入りユニホームや応援大使をPRするポスターも合わせて展示している。

 応援大使の市町村には、ユニホームやヘルメットに自治体名が表示されたり、札幌ドームで特産品を販売できるなどの特典がある。来季の開幕3連戦のうち、2試合分(来年3月31日、4月1日・札幌ドーム)の招待券も贈られた。

 町は「音更からファイターズを応援する機運を盛り上げ、町をPRするきっかけにもしたい」(経済部商工観光課)としている。

関連記事

北羽新報社

甘くみずみずしく 能代市で「白神きゃべつ」収穫盛ん

 能代市で、初夏取りキャベツの収穫が行われている。JAあきた白神によると「今年は玉のそろいが良く、収穫は順調に進んでいる」といい、現在は作業が終盤。各地の農家が梅雨空の中で汗を流している。新たに...

宇部日報社

厚狭秋まつりで披露されている古式行事を体験する会

 山陽小野田市の無形民俗文化財で、厚狭秋まつり(11月)で披露されている古式行事を体験する会が25日、厚狭地区複合施設体育館で開かれた。厚狭小の放課後子ども教室の1~6年生24人が参加。独特の踊...

長野日報社

養蚕 高品質な繭へ「上蔟」作業 長野県岡谷市

養蚕や桑栽培に取り組む長野県岡谷市川岸上の三沢区民農園は27日、飼育してきた春蚕4万頭の上蔟を同農園の蚕室で行った。十分に成熟して繭糸を吐き出すタイミングになった蚕を、繭を作らせるための蔟に移...

個性豊かな凧、大空へ 3年ぶり、全国から愛好家や市民集う 石垣島凧あげ交流..

 2022年第20回石垣島凧あげ交流会第10回全国シャクシメー大会(石垣島凧あげ大会実行委員会主催)が26日、南ぬ浜町人工ビーチで開催された。全国からの愛好家や地元の子どもたちら約150人が参加し、夏至南風...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク