全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

光陵高とロシアの小中高一貫校包括協定 文化・教育活動で連携

 酒田市がロシア第2の都市サンクトペテルブルク市と交流していることを縁に、県立酒田光陵高校(鈴木和仁校長)は16日、サンクトペテルブルク市の公立小中高一貫校「第83番学校」との間で、連携して文化・教育活動に取り組むための包括協定を締結した。相互の言語教育の推進など継続的に交流していく。

 今回は第83番学校側から協定締結の依頼があった。▽相互の訪問や情報コミュニケーション技術の利活用による研修や交流▽歴史や文化、スポーツについての紹介や体験▽生徒、教職員の交流―などに取り組む。

 締結式はオンラインで行われ、光陵高側からは鈴木校長や矢口明子副市長らが出席。協定書に署名した第83番学校のポリャコワ・ナタリヤ・アリベルトヴナ校長は「協定の要請を受けてくれて感謝。友好関係に期待」、鈴木校長は「未来の世界平和に貢献できるよう、これを機会に交流を深めたい」とそれぞれあいさつした。

 両市の関係は2016年3月、JA庄内みどりが酒田特産の啓翁桜をサンクトペテルブルク市に輸出したのが始まり。18年2月には丸山至市長や同JA関係者による使節団が訪問し、世界三大美術館の一つに数えられるエルミタージュ美術館で啓翁桜やひな人形、傘福を展示するなど交流した。

署名した協定書を披露するポリャコワ校長と鈴木校長(左)

関連記事

紀伊民報社

大学生が3年ぶり「海の家」オープン

 和歌山県田辺市の田辺扇ケ浜海水浴場で、関西大学の学生が「海の家」を運営する。新型コロナウイルス禍で休止していたため、3年ぶり。7月9日のオープンに向け、準備を進めている。  関西大は市と地域活...

荘内日報社

「万里の松原に親しむ会」農水大臣賞

 全国森林レクリエーション協会(東京都、三浦雄一郎会長)が制定する本年度の「森林レクリエーション地域美しの森づくり活動コンクール」で、酒田市の環境保全ボランティア団体「万里の松原に親しむ会」(三浦...

大樹の「宇宙観光」連携 日本旅行と町、スペースコタン

 日本旅行(東京)、大樹町、SPACECOTAN(スペースコタン、同町)の3者は7月、宇宙のまちづくりをテーマにパートナーシップ協定を締結する。日本旅行のノウハウを生かし「宇宙観光」を振興する。7...

北羽新報社

甘くみずみずしく 能代市で「白神きゃべつ」収穫盛ん

 能代市で、初夏取りキャベツの収穫が行われている。JAあきた白神によると「今年は玉のそろいが良く、収穫は順調に進んでいる」といい、現在は作業が終盤。各地の農家が梅雨空の中で汗を流している。新たに...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク