全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

吹き矢で健康に 的をねらって得点競い-管内から22人参加 帯広

 的に向かって吹き矢を放ち得点を競う「全十勝健康吹き矢大会」が14日、帯広市内の市グリーンプラザで開かれた。「日本吹矢レクリエーション協会帯広」(細川善正代表)の主催で、同協会としては道内で初めての開催。出場者は腹に力を込め、思い思いに矢を的に飛ばして競い合った。

真剣な表情で的に狙いを定める出場者

 日本吹矢レクリエーション協会(東京都昭島市)は、競技性の高い吹き矢を健康増進の観点で手軽に楽しめるよう2015年に設立された。帯広では同協会の道内唯一の拠点で、17年から管内で講習会を開くなど活動を続けてきた。帯広市が市民団体の活動費を助成する「市民提案型まちづくり支援事業」(愛称・Mottoおび広がるプロジェクト)に今年度採択され、大会開催に至った。

 競技では、約1メートルの細い筒から息を送り出し、7メートル先の専用の的に向かって矢を飛ばす。足腰の弱い高齢者でも競技を通じて腹式呼吸を行い、健康にも効果的とされる。競技は3種類で、ビンゴ形式のものもあり初心者でも楽しめるゲームもある。3競技の合計得点で順位を競った。

 この日は十勝管内の高齢者を中心に22人が参加。競技で使用するものを小まめに消毒するなど感染症対策を施して開催した。この日優勝に輝いたのは郡山光規さん(帯広市)だった。

 細川代表は「昨年10月に予定していた大会を延期していたので開催できてよかった。十勝でも競技者が集まるサークルができているので今後は定期的に大会を開きたい」と話していた。

 問い合わせは、細川代表(0155・40・7322)へ。

関連記事

知事 離島訪問前にPCR検査を 感染予防に協力呼び掛け

 【那覇】新型コロナウイルスの拡大に伴う県独自の緊急事態宣言が終了して1週間余が経過した8日、玉城デニー知事は県庁で会見し、離島への帰省や訪問などを検討している人への事前のPCR検査受検や、健康観...

長野日報社

長野県諏訪市「御宿割」好調 観光地に再び笑顔

長野県諏訪市内の宿泊施設で県民の宿泊予約が急増し、接客担当者に笑顔が戻っている。観光関係者によると、県民の宿泊料金を最大5000円割り引く県の「県民宿泊割」と、1泊2000円割り引く諏訪市の「...

紀伊民報社

林野火災に備え合同訓練

 春の全国火災予防運動に合わせて、上富田町消防団と田辺市消防本部上富田分署は7日、和歌山県上富田町朝来で林野火災の合同訓練をした。池から水を引き、ポンプをつないで山林に放水した。  町消防団の第...

荘内日報社

“山居島”歴史散歩楽しむ 酒田

ジオガイドとまち歩きツアー  鳥海山・飛島ジオパークの再認定を記念した「さかた界隈(かいわい)まち歩きツアー」が7日、酒田市の希望ホールを発着点とする市中心部で行われ、青空が広がる好天の中、ジオパ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク