全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

小学校で茶育授業

自分たちで入れたお茶を先生と一緒に味わう児童(小羽山小で)

 小羽山小(田山満則校長)で9日、5年生67人を対象とした茶育授業が行われた。小野在住で日本茶インストラクターの才木祥子さんから、小野地区で生産される山口茶の特徴を学び、おいしい入れ方を習った。    市では、山口茶に親しみを持ってもらおうと、4年前から小学校で茶育授業を実施。才木さんが講師を務めている。今回はコロナ対策として、急須でお茶を入れる時にはビニール手袋を着用するなど、感染予防に努めた。    お茶の入れ方について才木さんは急須に入れる湯の温度と時間の二つをポイントとして挙げた。熱い湯で入れると苦みと渋みが増し、少しぬるめの湯で入れると甘みが出ると説明。苦みと渋みが特徴の山口茶をおいしく飲むには、70~80度の湯で1分抽出するのが一番で、苦みの成分カテキンは脂肪が付きにくくなる効果、甘みの成分テアニンはリラックス効果、渋みの成分カフェインは眠気覚ましの効果があるとした。    適温の湯の作り方にも触れた。湯温は容器に移し替えるごとに約10度下がることから、沸騰した湯を一度、湯飲みに入れ、急須に戻すと適温になると教えた。才木さんは、湯飲みに少しずつ入れていく回し注ぎで入れることで濃さが均一に近づき、最後の一滴においしい成分が詰まっていると入れ方のこつを伝え「お茶は誰かに入れてもらえるとすごくおいしく感じるもの。きょう学んだ入れ方で、お父さんやお母さんにお茶を出してほしい」と呼び掛けた。

関連記事

宇部日報社

未入力

 県と山陽小野田市主催のシニア向けeスポーツ体験会が31日、厚狭地区複合施設で開かれた。60~80歳代の16人が参加し、健康づくりに役立てようと、パズルゲームとリズムゲームに挑戦。頭を使ったり...

長野日報社

長野県人口22年ぶり社会増 総人口21年連続減少

 長野県は1月31日、毎月人口異動調査に基づく2022年の人口増減を公表した。外国人を含む県の総人口は23年1月1日現在201万6467人で、前年同日と比べて1万3074人(064%)減り、21年連続で減...

北羽新報社

八峰町の小池さん、作曲家プッチーニ直筆手紙を寄贈 アトリオンで公開

 秋田市中通のアトリオンで、オペラ「蝶々(ちょうちょう)夫人」や「ラ・ボエーム」などで知られるイタリアの作曲家プッチーニ(1858~1924年)の直筆手紙が展示されている。八峰町八森の小池加...

ZTF彗星 石垣島天文台が撮影成功 冬の夜空に緑の光

 石垣島天文台は1月31日明け方、ZTF彗星の撮影に成功した。  昨年3月に発見された彗星で、太陽光の影響で核の周りに明るい緑色の輝きを放つのが特徴。  今年1月から2月にかけて地球に接近する。1...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク