全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

小学校で茶育授業

自分たちで入れたお茶を先生と一緒に味わう児童(小羽山小で)

 小羽山小(田山満則校長)で9日、5年生67人を対象とした茶育授業が行われた。小野在住で日本茶インストラクターの才木祥子さんから、小野地区で生産される山口茶の特徴を学び、おいしい入れ方を習った。    市では、山口茶に親しみを持ってもらおうと、4年前から小学校で茶育授業を実施。才木さんが講師を務めている。今回はコロナ対策として、急須でお茶を入れる時にはビニール手袋を着用するなど、感染予防に努めた。    お茶の入れ方について才木さんは急須に入れる湯の温度と時間の二つをポイントとして挙げた。熱い湯で入れると苦みと渋みが増し、少しぬるめの湯で入れると甘みが出ると説明。苦みと渋みが特徴の山口茶をおいしく飲むには、70~80度の湯で1分抽出するのが一番で、苦みの成分カテキンは脂肪が付きにくくなる効果、甘みの成分テアニンはリラックス効果、渋みの成分カフェインは眠気覚ましの効果があるとした。    適温の湯の作り方にも触れた。湯温は容器に移し替えるごとに約10度下がることから、沸騰した湯を一度、湯飲みに入れ、急須に戻すと適温になると教えた。才木さんは、湯飲みに少しずつ入れていく回し注ぎで入れることで濃さが均一に近づき、最後の一滴においしい成分が詰まっていると入れ方のこつを伝え「お茶は誰かに入れてもらえるとすごくおいしく感じるもの。きょう学んだ入れ方で、お父さんやお母さんにお茶を出してほしい」と呼び掛けた。

関連記事

荘内日報社

創立60周年節目祝う 羽黒学園 羽黒高校

 鶴岡市の羽黒高校(加藤和司校長、生徒766人)で23日、同校の創立60周年記念式典が行われ、在校生や教職員などが節目の年を祝った。  同校は1962(昭和37)年に羽黒工業高校として創立。89(平成元)年に...

「感じる」企画 祭典彩る ガーデンフェスタ北海道、来月24日まで 苫小牧で..

第39回全国都市緑化北海道フェア(ガーデンフェスタ北海道2022)が開幕した25日、苫小牧市の協賛会場である出光カルチャーパーク(末広町)でオープニングセレモニーが行われた。7月24日までの期間中...

インバウンドは「店長」におまかせ ハニフさん着任 道の駅うらほろ

 道の駅うらほろ(浦幌町北町16、国道38号沿い)に4月から、マレーシア人のイザハ・ハニフさん(28)が「店長」として勤務している。指定管理者の道の駅うらほろ直売会によると、2009年の開業以来、...

宇部日報社

新庁舎初の期日前投票所に整理券の発券機設置【宇部】

 参院選の期日前投票が、宇部市役所で始まっている。新庁舎初の期日前投票所は、正面入り口から入ってすぐの総合受付の奥にあり、コロナ禍の中、投票者が長蛇の列になっての密を避けるため、初めて整理券の発...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク