全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

小学校で茶育授業

自分たちで入れたお茶を先生と一緒に味わう児童(小羽山小で)

 小羽山小(田山満則校長)で9日、5年生67人を対象とした茶育授業が行われた。小野在住で日本茶インストラクターの才木祥子さんから、小野地区で生産される山口茶の特徴を学び、おいしい入れ方を習った。    市では、山口茶に親しみを持ってもらおうと、4年前から小学校で茶育授業を実施。才木さんが講師を務めている。今回はコロナ対策として、急須でお茶を入れる時にはビニール手袋を着用するなど、感染予防に努めた。    お茶の入れ方について才木さんは急須に入れる湯の温度と時間の二つをポイントとして挙げた。熱い湯で入れると苦みと渋みが増し、少しぬるめの湯で入れると甘みが出ると説明。苦みと渋みが特徴の山口茶をおいしく飲むには、70~80度の湯で1分抽出するのが一番で、苦みの成分カテキンは脂肪が付きにくくなる効果、甘みの成分テアニンはリラックス効果、渋みの成分カフェインは眠気覚ましの効果があるとした。    適温の湯の作り方にも触れた。湯温は容器に移し替えるごとに約10度下がることから、沸騰した湯を一度、湯飲みに入れ、急須に戻すと適温になると教えた。才木さんは、湯飲みに少しずつ入れていく回し注ぎで入れることで濃さが均一に近づき、最後の一滴においしい成分が詰まっていると入れ方のこつを伝え「お茶は誰かに入れてもらえるとすごくおいしく感じるもの。きょう学んだ入れ方で、お父さんやお母さんにお茶を出してほしい」と呼び掛けた。

関連記事

紀伊民報社

「子ども食堂に協力を」  持続的運営へ支援団体を新設

 子どもの居場所や多世代交流の拠点となる「子ども食堂」を支援しようと、任意団体「県こども食堂応援ネットワーク」(事務局=和歌山県社会福祉協議会)が設立された。子ども食堂を持続的に運営していけるよ...

「ほべつメロン」最高値15万円 市公設地方卸売市場で初競り

むかわ町穂別地区の特産品で地域ブランド「ほべつメロン」の初競りが13日、苫小牧市公設地方卸売市場で行われた。卸売取引の最高値は、最上級品質「秀」の5玉が前年同額の15万円。この日から苫小牧市内のス...

素材にこだわり カフェ開店 高校生の自習場所にも 池田に複合店舗

 池田町大通6で学習塾や書店、駄菓子店などを経営する「さくらネットワークス合同会社」(片山喜博代表)は、店舗内でカフェ「SORA(そら)」の営業を始めた。素材にこだわったクレープやおにぎり、各種ド...

荘内日報社

バランス取れた食事の大切さ アランマーレ選手ら遊佐小で食育教室

 バレーボールのトップリーグ「大同生命SVリーグ」に所属する「プレステージ・インターナショナル・アランマーレ」(アランマーレ山形)の選手たちが12日、遊佐町の遊佐小学校(梶原勝校長、児童452人)を訪問...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク