全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

田辺湾に春呼ぶ稚アユ漁

計量してトラックの水槽に移される海産稚アユ(9日、和歌山県田辺市新庄町で)

 田辺湾に春を呼ぶ海産稚アユ漁が始まった。9日、田辺・西牟婁のトップを切って和歌山県田辺市新庄町の新庄漁協で初出荷があり、約60キロが水揚げされた。10日にも出荷を予定しており、漁協関係者は「出始めとしてはまずまず」と今後に期待している。

 県資源管理課によると、県内の今年の目標量は3トン。期間は2月1日~4月30日。50団体余りに許可を出しており、目標量になり次第終了する。ここ数年は毎年3トンほどを水揚げしている。今年は100キロ前後の小さな群れが多いとみている。
 この日水揚げされた稚アユは、6日夕方に専用の網で採捕し、新庄町鳥ノ巣で2日間蓄養していた。組合員らは網から、稚アユを傷つけないように丁寧にすくい取り、バケツリレーで水揚げ。計量してトラックの水槽に移した。全長6センチ前後で平均の重さは0・8グラム。この時季としては少し大きめでいろいろなサイズが交ざっているという。
 10日の出荷分は7日夕方に採捕したもので、9日より多いとみられている。
 水揚げされた稚アユは、大半が河川放流用として紀の川市の県内水面漁連や紀ノ川漁協などで飼育される。

関連記事

紀伊民報社

大学生が3年ぶり「海の家」オープン

 和歌山県田辺市の田辺扇ケ浜海水浴場で、関西大学の学生が「海の家」を運営する。新型コロナウイルス禍で休止していたため、3年ぶり。7月9日のオープンに向け、準備を進めている。  関西大は市と地域活...

荘内日報社

「万里の松原に親しむ会」農水大臣賞

 全国森林レクリエーション協会(東京都、三浦雄一郎会長)が制定する本年度の「森林レクリエーション地域美しの森づくり活動コンクール」で、酒田市の環境保全ボランティア団体「万里の松原に親しむ会」(三浦...

大樹の「宇宙観光」連携 日本旅行と町、スペースコタン

 日本旅行(東京)、大樹町、SPACECOTAN(スペースコタン、同町)の3者は7月、宇宙のまちづくりをテーマにパートナーシップ協定を締結する。日本旅行のノウハウを生かし「宇宙観光」を振興する。7...

北羽新報社

甘くみずみずしく 能代市で「白神きゃべつ」収穫盛ん

 能代市で、初夏取りキャベツの収穫が行われている。JAあきた白神によると「今年は玉のそろいが良く、収穫は順調に進んでいる」といい、現在は作業が終盤。各地の農家が梅雨空の中で汗を流している。新たに...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク