全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

デジタル人材育成に関する連携協定

協定書を交わす堤学部長、篠﨑市長、山川校長(左から、市役所で)

 宇部市、山口大工学部、宇部高専は8日、デジタル人材育成に関する連携協定を結んだ。相互の資源を活用した講座の開設などを通じ、地域で活躍する人材の育成に取り組む。

 連携・協力事項は、科学、技術、工学、芸術・人文、数学の5領域を統合する教育手法である「STEAM教育」による人材育成、デジタル技術の楽しさを多世代に伝えられる人づくり、学生などの地元定着に関することなど。自ら地域課題を発見してデジタルで解決できる人材、デジタル技術を活用した新たな分野を切り開くことができる人材を育て、就職や起業など地元定着促進も図る。

 具体的には、山口大では「ワクワク未来デジタル講座」を開講。地元企業で活躍する人ら外部講師を招き、年間15回(予定)の講演やフィールドワークを実施する。両校の学生だけでなく、子どもをはじめ市民の受講も可能とする。宇部高専は、小・中学生や市民向けの地域教育や公開講座を充実するなどし、デジタル技術の楽しさを伝えられる人材も育てる。    締結式は市役所であり、篠﨑圭二市長、山口大工学部の堤宏守学部長、宇部高専の山川昌男校長が出席。協定書を交わした。篠﨑市長は「子どもの頃からデジタルに触れる機会の創出、学校と産業界が連携し未来技術を使いこなせる人材の育成は、持続可能なまちづくりにつながっていく」と期待を込めた。    堤学部長は「地域で活躍する人材育成とワクワクする市の実現に協力して、宇部がすてきな人生を送れる地域になれば」、山川校長は「デジタル技術の魅力を多世代に伝えることを主眼に活動を展開していく。本校学生の成長にも期待している」と語った。 

関連記事

静けさの中、片付け 帯広・藤丸閉店から一夜

 122年間の営業を終えた帯広の百貨店・藤丸では1日、静まりかえった館内で片付けが始まった。  食器など生活雑貨を販売していた5階フロアでは、食器やタオルなど商品を袋や段ボールに詰める作業が...

宇部日報社

未入力

 県と山陽小野田市主催のシニア向けeスポーツ体験会が31日、厚狭地区複合施設で開かれた。60~80歳代の16人が参加し、健康づくりに役立てようと、パズルゲームとリズムゲームに挑戦。頭を使ったり...

長野日報社

長野県人口22年ぶり社会増 総人口21年連続減少

 長野県は1月31日、毎月人口異動調査に基づく2022年の人口増減を公表した。外国人を含む県の総人口は23年1月1日現在201万6467人で、前年同日と比べて1万3074人(064%)減り、21年連続で減...

北羽新報社

八峰町の小池さん、作曲家プッチーニ直筆手紙を寄贈 アトリオンで公開

 秋田市中通のアトリオンで、オペラ「蝶々(ちょうちょう)夫人」や「ラ・ボエーム」などで知られるイタリアの作曲家プッチーニ(1858~1924年)の直筆手紙が展示されている。八峰町八森の小池加...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク