全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「三条の誇り」図書室で特集 直木賞受賞西條さん帯広の母校

 時代小説「心淋(うらさび)し川」(集英社)で第164回直木賞を受賞した、池田町出身の西條奈加さん(56)=東京都在住=の母校である帯広三条高校図書室に、西條さんの作品を特集するコーナーが設けられた。直木賞受賞を機に西條さんの作品に触れる生徒や教職員も多いといい、図書室を利用する生徒からは「母校の誇り」といった声も聞かれ、祝福ムード一色となっている。

西條さんの母校帯広三条高校図書室に設けられた特集コーナー

 コーナーは図書室入り口正面の最も目立つ位置に設けられた。作品を紹介しているほか、西條さんの写真と「受賞おめでとうございます」というメッセージが書かれたパネルとともに、十勝毎日新聞社が受賞が決まった際に発行した号外や、インタビュー記事なども掲示されている。

 受賞後に「善人長屋」(新潮社)を読んだという女子生徒(1年)は「時代小説ということで、難しそうなイメージがあったが事前の知識がなくても楽しめる作品だった」と話す。

 図書局の山川和哉局長、山本星士郎副局長(共に1年)の2人は、卒業生の快挙を伝えようと図書館報を制作中だといい、今月発行される次号では代表作などの書評を掲載する予定だという。

 さらに同校常磐同窓会(谷脇正人会長)の協力で集英社へのコンタクトを取っており、西條さんへの文章でのインタビューも予定されていて、次々号で掲載予定だという。山川局長は「『心淋し川』は(連作集で)どれも心温まる話で素晴らしかった。受賞は自分のことのようにうれしかった」と話していた。

関連記事

知事 離島訪問前にPCR検査を 感染予防に協力呼び掛け

 【那覇】新型コロナウイルスの拡大に伴う県独自の緊急事態宣言が終了して1週間余が経過した8日、玉城デニー知事は県庁で会見し、離島への帰省や訪問などを検討している人への事前のPCR検査受検や、健康観...

長野日報社

長野県諏訪市「御宿割」好調 観光地に再び笑顔

長野県諏訪市内の宿泊施設で県民の宿泊予約が急増し、接客担当者に笑顔が戻っている。観光関係者によると、県民の宿泊料金を最大5000円割り引く県の「県民宿泊割」と、1泊2000円割り引く諏訪市の「...

紀伊民報社

林野火災に備え合同訓練

 春の全国火災予防運動に合わせて、上富田町消防団と田辺市消防本部上富田分署は7日、和歌山県上富田町朝来で林野火災の合同訓練をした。池から水を引き、ポンプをつないで山林に放水した。  町消防団の第...

荘内日報社

“山居島”歴史散歩楽しむ 酒田

ジオガイドとまち歩きツアー  鳥海山・飛島ジオパークの再認定を記念した「さかた界隈(かいわい)まち歩きツアー」が7日、酒田市の希望ホールを発着点とする市中心部で行われ、青空が広がる好天の中、ジオパ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク