全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「カンムリワシの事故減って」看板設置

カンムリワシ事故防止用の看板を設置する児童ら=17日午後、平久保地区(エコツアーふくみみ提供)

 環境省の北部地域子どもパークレンジャー活動第5回は17日、「守ろう!カンムリワシ 交通事故防止看板設置作業」をテーマに行われ、北部地域の児童15人が参加し、カンムリワシがよく出現する場所など15カ所に看板を設置した。  ことしは国の特別天然記念物カンムリワシの交通事故が多発傾向にある。北部地域は、良好な森林などカンムリワシの繁殖地として好条件を有し、信号もなくスピードを出しやすい道路状況となっていることから、注意喚起の看板を設置することに。  児童らは「スピードおとせ、カンムリワシをまもるため」「カンムリワシをひくしゅんかん しまのバランスくずれるよ」などと書き込んで看板を制作した。  参加した児童らは「看板を設置したことでカンムリワシの交通事故が少しでも減ってくれたらうれしい」と話した。

関連記事

紀伊民報社

大学生が3年ぶり「海の家」オープン

 和歌山県田辺市の田辺扇ケ浜海水浴場で、関西大学の学生が「海の家」を運営する。新型コロナウイルス禍で休止していたため、3年ぶり。7月9日のオープンに向け、準備を進めている。  関西大は市と地域活...

荘内日報社

「万里の松原に親しむ会」農水大臣賞

 全国森林レクリエーション協会(東京都、三浦雄一郎会長)が制定する本年度の「森林レクリエーション地域美しの森づくり活動コンクール」で、酒田市の環境保全ボランティア団体「万里の松原に親しむ会」(三浦...

大樹の「宇宙観光」連携 日本旅行と町、スペースコタン

 日本旅行(東京)、大樹町、SPACECOTAN(スペースコタン、同町)の3者は7月、宇宙のまちづくりをテーマにパートナーシップ協定を締結する。日本旅行のノウハウを生かし「宇宙観光」を振興する。7...

北羽新報社

甘くみずみずしく 能代市で「白神きゃべつ」収穫盛ん

 能代市で、初夏取りキャベツの収穫が行われている。JAあきた白神によると「今年は玉のそろいが良く、収穫は順調に進んでいる」といい、現在は作業が終盤。各地の農家が梅雨空の中で汗を流している。新たに...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク