全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

十勝ワイン入り「サワー」発売 池田出身丸谷会長の「セコマ」

 コンビニエンスストア道内最大手のセコマ(本社札幌、赤尾洋昭社長)は、池田町ブドウ・ブドウ酒研究所(佐野寛所長)が製造した十勝ワインと道産果汁を使用した「北のサングリアサワー」(350ミリリットル缶、140円)を新発売した。酒類を取り扱っているセイコーマート1157店(北海道、茨城、埼玉)の他、通販サイトでも取り扱っている。

新発売の「北のサングリアサワー」をPRするセイコーマート池田店の小泉店長

 セコマグループが「道との連携と協力に関する協定」に基づいて手掛けた新商品。池田関連では2018年6月に発売した「十勝ブランデーハイボール」に続く第2弾となる。

 十勝ワインの定番商品「トカップ」の赤と、道産のブドウ、イチゴ、ハスカップの果汁を使ったアルコール度4%のサングリアサワー。缶には「十勝ワイン使用」と記されている。ワインの酸味や渋み、果物の甘さと爽やかさを楽しめる。同社は「道産食品の消費拡大とブランド力向上の取り組みの一環」としている。

 十勝ワイン製造のお膝元にあるセイコーマート池田店(利別西町24)の店頭には、販売開始日の1月25日から新商品がお目見え。小泉留美子店長(47)は「飲みやすく、しっかりワインの風味も感じられる。ぜひ一度、飲んでみてほしい」と話している。

 セコマの丸谷智保会長(66)は池田町出身で、十勝ワインの生みの親として知られる丸谷金保元池田町長(故人)の長男。丸谷会長との縁もあって新商品開発が進められていた。

 同研究所は「十勝ワインのブランド力向上のきっかけの一つになれば」と期待を寄せている。

関連記事

紀伊民報社

おうち時間にいかが 「バナナ梅酒」発売

 全国的なバナナジュース人気を受け、和歌山県田辺市下三栖の梅干し・梅酒製造販売「中田食品」(中田吉昭社長)は、バナナ果汁入りの梅酒を開発した。3月1日に発売する。  商品名は「とろこくバナナ姫...

「牛肉巻きごはん」清水の新名物に レシピ考案コン

最優秀賞に大塚さん  清水町のチーズを使い、新たな名物料理を生み出すレシピ考案コンテスト(十勝毎日新聞社主催)の最終審査会が19日、町中央公民館で開かれた。49作品の応募の中から、1次審査を通過し...

大樹初の「地ビール」 小麦とイモ原料 本格販売へ

 JA大樹町青年部(半谷勇人部長、部員50人)は、大樹産の小麦やジャガイモを原料とした地ビール「大樹のしずく」を完成させた。澄川麦酒醸造所(札幌市)が約300本(1瓶330ミリリットル)を醸造。同...

「鳥せい」家庭で味わって 門外不出の味付け肉 福原が販売 十勝

 スーパーマーケットチェーンの福原(帯広市、福原郁治社長)は、十勝のソウルフード「鳥せい」の門外不出の味を家庭で楽しんでもらおうと、パック入りの鳥せい味付け肉を商品化し、一部店舗で販売を始めた。数...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク