全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

クリスマスへ収穫最盛期 イチゴ狩りは元日から

収穫したばかりの真っ赤なイチゴをパックに詰めるスタッフ=諏訪湖いちご園

 諏訪市豊田有賀の「諏訪湖いちご園」で、クリスマス用のイチゴの収穫が最盛期を迎えている。ハウス内で溶液栽培した真っ赤な大粒をパックに詰め、地域の洋菓子店や諏訪湖周の農産物直売所などに出荷している。

 同園によると、今年は出荷に適した赤みが出るまでに例年より約2週間遅れ、現時点では収量は少ないという。品質は甘みもあり色づき良く、今後の生育と収増に期待している。

 栽培しているイチゴは酸味が少なく甘さが特徴の「あきひめ」と程よい酸味を持つ「紅ほっぺ」など数種類で、同園直売所ではスタッフが手際良く出荷作業を進め、20~23日には一段と忙しさを増すという。

 現在は豊田地区にある「さざなみ新鮮市」、「夢マーケット文出」などの直売所に出しているほか、24日までの午前中は同園でも販売している。同園は「いいものが出来ているのでお越しください」と呼び掛けている。 

 例年好評の30分食べ放題のイチゴ狩りは元日から始める。問い合わせは、同園(電話0266・53・5533)へ。

関連記事

溶けない「マジック・アイス」

 本格的な夏に向け、豊橋市御園町の「パティスリー モリ」がオープン5周年の20日、「マジック・アイス」を新たに発売した。洋菓子では珍しい葛粉を使い、時間が経ってもポタポタと溶けないアイスで、森貴正...

「優しいあんこ」食べて十勝発信 なつぞら応援推進協

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」応援推進協議会(梶原雅仁会長)は19日、ドラマの主題歌でスピッツの新曲「優しいあの子」の発売に合わせ、スイーツ王国・十勝の魅力を発信する「優しいあんこ」企画をスタ...

「納涼ビール電車」14日から運行

 豊橋の夏の風物詩「納涼ビール電車」(路面電車)が14日、豊橋鉄道の市内線で今季の運行を始める。冷たい生ビールを飲みながら、車窓からの街並みを眺められる。  今年で27周年を迎え、駅前電停から運動公園...

平松食品が「PHラボ」3信金などのファンド活用

東三河4高校と共同開発した商品販売   魚介類の佃煮などの製造販売業者・平松食品(豊橋市梅藪町、平松賢介社長)は11日、東三河の県立高校4校が開発した商品の販売などを手がける「プロフェッショナル・...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク