全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

クリスマスへ収穫最盛期 イチゴ狩りは元日から

収穫したばかりの真っ赤なイチゴをパックに詰めるスタッフ=諏訪湖いちご園

 諏訪市豊田有賀の「諏訪湖いちご園」で、クリスマス用のイチゴの収穫が最盛期を迎えている。ハウス内で溶液栽培した真っ赤な大粒をパックに詰め、地域の洋菓子店や諏訪湖周の農産物直売所などに出荷している。

 同園によると、今年は出荷に適した赤みが出るまでに例年より約2週間遅れ、現時点では収量は少ないという。品質は甘みもあり色づき良く、今後の生育と収増に期待している。

 栽培しているイチゴは酸味が少なく甘さが特徴の「あきひめ」と程よい酸味を持つ「紅ほっぺ」など数種類で、同園直売所ではスタッフが手際良く出荷作業を進め、20~23日には一段と忙しさを増すという。

 現在は豊田地区にある「さざなみ新鮮市」、「夢マーケット文出」などの直売所に出しているほか、24日までの午前中は同園でも販売している。同園は「いいものが出来ているのでお越しください」と呼び掛けている。 

 例年好評の30分食べ放題のイチゴ狩りは元日から始める。問い合わせは、同園(電話0266・53・5533)へ。

関連記事

十勝産トウモロコシと生クリームのスープ 明治が販売

 明治(東京)は、十勝産のトウモロコシと生クリームを使った新商品「十勝産黄金のとうもろこしと生クリームで仕立てたコーンスープ」の販売を始めた。明治グループの日本罐詰(芽室)が製造、全国のスーパー...

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

豊橋のブランド梨「あきづき」食べ頃

 豊橋市小島町産のブランド梨「あきづき」が旬を迎え、JAあぐりパーク食彩村(豊橋市東七根町)の店頭に並んでいる。  秋に収穫され、月のように丸みを帯びている形から「あきづき」と呼ばれ、シャリ...

長野日報社

棚田米の「おいしい酒」期待 中川村大草で稲刈り

棚田が広がる長野県中川村大草の飯沼地区で7日、酒米・美山錦の収穫があった。棚田の保全に取り組む飯沼農業活性化研究会(坂下芳久会長)のほか、JA上伊那や村などの関係者ら約50人が参加。おいしい酒...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク