全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「スロータウン映画祭」始まる

 「とよはしまちなかスロータウン映画祭」(実行委員会主催)が31日、穂の国とよはし芸術劇場プラットで始まった。開幕を記念し、俳優の佐藤浩市さんを迎えてトークショーを開いた。メインの「スロータウンシネマ」は6日から、3週にわたり週末に15作品を上映する。

 「映画界の今昔」と題した佐藤さんのトークショーには約500人が詰め掛けた。デビューから40年の俳優人生を振り返り、共演者やスタッフとのエピソード、ロケで訪れた豊橋の思い出などを披露した。

 若山富三郎さんとは「青春の門」(1981年)で共演。「三國(連太郎)の息子だからと、厳しい指導でした。すごく怖かった」と懐かしんだ。後の共演でスタッフを通じて聞いた「あいつも俳優になったな」との言葉を紹介し、うれしそうに語った。

 役者としての持論を聞かれ「似た役柄に偏りたくない。昭和の銀幕スターとは正反対。振れ幅の広い演技を大切にしている」と説明。「(高倉)健さんはやらなかったけど、僕は下着泥棒役も演じる役者」と会場を沸かせた。

 役者としての夢は「映画でしか存在しえない突き抜けた人間を、説得力を持たせて演じたい」と語った。

 トークに先駆け、観客は出演作「愛を積むひと」(2015年)と「陽気なギャングが地球を回す」(06年)を観賞した。佐藤さん目当てに訪れた松井美紀さん(47)は「青春の門からのファン。奔放な役柄の佐藤さんが好き。生で見て、これぞ『佐藤浩市』と実感できた」と喜んだ。

 映画祭は、新型コロナウイスル感染拡大の中での開幕。感染を心配する希望者には選択的な払い戻しに応じた。

関連記事

紀伊民報社

バスクの道の写真展開催 28日まで熊野本宮館

 和歌山県田辺市本宮町の世界遺産熊野本宮館で、世界遺産に登録されているサンティアゴ巡礼道のうち、スペインのバスク自治州を通る道をテーマにした写真展が開かれている。入場は無料で、28日まで。  「...

コロナも退散 力作そり疾走 忠類ナウマン全道大会

 段ボール製のそりで速さとデザインのユニークさを競う「忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が21日、幕別町忠類白銀台スキー場で開かれた。晴天にも恵まれ、管内外から参戦した17台が趣向を凝ら...

子どもらがミツバチ観察

 「豊橋市こども未来館ここにこ」は20日、農業資材全般を取り扱う「トヨタネ」の研究農場(豊橋市東高田町)で、小学生の児童と保護者を対象に、ミツバチの観察会を開いた。約20人が参加した。  ミツバ...

滝川市の山本さん氷彫刻最高賞 おびひろ氷まつり

 第58回おびひろ氷まつりの「第37回北海道氷彫刻展冬季帯広大会」(帯広のまつり推進委主催)で、最高位の北海道知事賞に、「ログホテル メープルロッジ」(岩見沢市)の料理長山本剛史さん(37)=...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク