全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

お薬 非接触 ドライブスルーに注目 ナカジマ薬局 帯広

店内に入らず薬を受け取れる、ナカジマ薬局のドライブスルー調剤(協会病院前店)

 新型コロナウイルスの感染予防で接触機会の抑制が求められる中、調剤薬局のナカジマ薬局(札幌、中島久司社長)が帯広をはじめ道内店舗で取り組むドライブスルー調剤に、関心が高まっている。

 帯広発祥の同社は、1999年に開局した協会病院前店(帯広市東6南8)で管内で初めてドライブスルー調剤を導入した。店舗横にドライブスルーレーンを確保し、専用の窓口を設置。患者は乗車したまま処方箋を専用窓口へ渡したり、スマートフォンの調剤予約アプリ「CARADA(からだ)」を使ったりして、降車せずに薬を受け取ることができる。

 幼児を連れた親や、悪天候の通院時などに利用されてきた。導入は店の立地などに左右されるが、十勝管内では協会病院前店に続いて公立芽室病院近くのめむろ店でも取り入れ、現在は札幌や函館など道内8店舗に広がった。

 全体では店内で受け取る患者が多く、ドライブスルー利用者の大半は利点を感じるリピーター客が占める。ただ、コロナ禍で待合を避ける傾向もあり、新規の利用者が目立つようになってきた。幹線道路に近く、車で立ち寄りやすい札幌市内の店舗では、他の病院で処方された薬の調剤の依頼も増えているという。

 専用窓口では「車の窓を閉めたままにしてください」などと書かれたシートを示して意思疎通を図って、会話や接触の機会を減らしている。数年前からドライブスルー調剤を使う帯広の接客業の女性(36)は「小さい子は動き回るので、乗り降りしないで薬をもらえるのは助かる」と話す。

 同社薬局事業部の中田祐一部長代理は「(開局時は)コロナ禍のようなことが起きると思わなかったが、こうした店舗をつくっていてよかった。安心して使える薬局だと知ってもらいたい」としている。

関連記事

紀伊民報社

炎天下に梅ずらり 夏の風物詩「天日干し」始まる

 和歌山県の紀南地方で、特産の梅の天日干しが始まった。梅雨明けの強い日差しの下、塩漬けした梅が容器にずらりと並べられている。  農家は収穫した梅をタンクで1カ月ほど塩に漬け込み、それを出して、...

荘内日報社

酒田舞娘と交流 地元の魅力支える人たち 十坂小で特別授業

 酒田市の十坂小学校(五十嵐敏剛校長)で22日、酒田舞娘(まいこ)を招いた特別授業が開かれた。芸妓(げいぎ)の小鈴姐さん、酒田舞娘の鈴華さんと鈴千代さんの講話・演舞を通し、6年生27人が「酒田の魅力」に...

輝く黄金 ロール点々 小麦収穫 ペース順調 帯広

 小麦の収穫が十勝管内で本格化する中、畑に残った麦わらを専用機械で巻き集めた「麦稈(ばっかん)ロール」が点在する風景を目にするようになった。広大な十勝農業を象徴する、夏限定の牧歌的な一こま。「...

宇部日報社

中学校の垣根越え研さん 厚狭卓球クラブ、部活動の地域移行先駆け【山陽小野..

 中学校部活動の地域連携・地域移行をめぐり、山陽小野田市は2026年度からの休日活動での地域移行を目指して協議を進めている。「地域の子どもたちを地域で育てよう」の共通認識の下、学校や市スポーツ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク