全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

気持ちはまるで陶芸家 焼き物作りに熱入る こども博物館

こども博物館の「焼物教室」で陶器作りに熱中する受講生ら=30日午後、八重山博物館

 石垣市立八重山博物館(砂川栄秀館長)のこども博物館教室第7回「焼物教室」が30日午後、同館であった。「アンパル陶房」を営む宮良断さん(45)と宮良ゆうなさん(47)を講師に小学5年生28人が粘土でコップなどを作り、焼き物の楽しさを味わった。

 受講生らは、よく練られた粘土をひも状にして重ねて形を作っていく「手びねり」という手法に挑戦。それぞれコップや茶わん、マグカップなど、思い描く形を目指して作業に没頭した。作品は宮良さんらが引き取り、陶房で焼き上げた後、受講生らに返す。

 藤原健伸君(11)=吉原小=はコップ作りに熱中。「粘土に空気が入らないように注意して組み立てている。面白い」と丹念な手つきで粘土を重ねた。

 断さんは「焼き物には大きく分けて土器、陶器、磁器がある」と実物を見せながら性質の違いや焼き物の歴史を解説。パナリ焼きなど八重山独自の土器も紹介した。

関連記事

マチの魚屋ここに在り 過去10年で十勝管内2割減少…生き残りに懸命

 対面販売で魚の旬や産地、おいしい食べ方を消費者に伝えてきた鮮魚店。帯広の老舗鮮魚店「浜谷商店」が1月に閉店するなど、いわゆる「マチの魚屋さん」が十勝でも減っている。消費者の魚離れに加え、切り身や...

海外クルーズ船、3年ぶり寄港 奄美市 乗客650人、地元歓迎

 米国の船会社が所有する豪華客船「セブンシーズ・エクスプローラー」(5万5254トン)が23日、鹿児島県奄美市の名瀬港観光船バースに接岸した。新型コロナウイルスの影響で外国からの客船寄港の自粛が...

長野日報社

ネパール伝統成人式 日本生まれの3人、長野県駒ケ根市で

 ネパール式のヒンズー教による伝統的な成人式「バルタマン」が23日、長野県駒ケ根市北割一区のネパール料理店「ポカラダイニング」で開かれた。一人前の大人になるために行う通過儀礼で、同店を経営する...

北羽新報社

能代港・秋田港洋上風力発電所の完成祝い竣工式

 丸紅が主導する特別目的会社「秋田洋上風力発電」(秋田市、AOW)が建設した能代、秋田両港洋上風力発電所の竣工(しゅんこう)式が23日、能代市文化会館大ホールで行われた。施工業者ら約300人が参加し、工...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク