全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

国宝・羽黒山五重塔 雪下ろし

 鶴岡市羽黒町手向の国宝羽黒山五重塔で30日、出羽三山神社職員による雪下ろし作業が行われた。雪が降り積もった杉の木に囲まれ、静寂に包まれる中、屋根から落ちる雪の重たい音が辺り一面に響き渡った。

杉の木に囲まれ静寂に包まれる中、屋根から落ちる雪の重たい音が辺り一面に響き渡った

 五重塔を管理する同神社では、杉の板を重ね上げたこけら葺(ぶ)きの屋根を積雪から保護する目的で、積雪のなかった年を除き例年この時期に雪下ろしをしている。昨年は積雪がなく実施しなかったが、今年は今月初旬の大雪などの影響を受け、屋根に降り積もった雪は最大で約1・2㍍。過去には1・6―7㍍に達した年もあったという。

 この日は雪で時折視界が悪くなる中、午前9時前から職員5人で作業開始。今回は地上25㍍ほどの最上階は危険と判断され、一つ下の階から順に雪を落としていった。ヘルメットや命綱を着けた職員はスノーダンプなどを使い、雪下ろしの際に屋根が傷まないようわずかに雪を残しながら手際よく作業していた。

 同神社の森林技師の鈴木栄作さん(66)は「出羽三山神社は市街地にある神社と違って雪の多い場所にあり、建物の数も多いので雪下ろしする頻度が高い。手に負えず外部発注する年もあるが、職員でやりくりしています」と話していた。作業は半日ほど続けられた。

関連記事

紀伊民報社

「イノブターダービー」中止 飼育数減少が影響

 和歌山県すさみ町のすさみ海水浴場で毎年5月3日に開かれている「イノブータン王国建国祭」の名物イベント「イノブタダービー」が、今年は中止されることが分かった。主催の実行委員会は「イノブタの飼育数...

マンガリッツァ豚と旬のアスパラ 幕別の味、一緒に食べて

 幕別町内で生産される「十勝ロイヤルマンガリッツァ豚」と北王農林(藤原壽美社長)の旬のアスパラガスのコラボ商品が4月末まで、オンラインショップで販売されている。  マンガリッツァ豚は、ハンガ...

荘内日報社

「SVリーグ」に参入決定!! “世界最高峰”目指し新設「ファンと共に戦う」 ラ..

 ジャパンバレーボールリーグ(JVL)は17日、都内で会見を開き、10月に開幕するトップリーグ「大同生命SVリーグ」男女のリーグ編成を発表した。先にSVクラブライセンスの交付を受けていた、酒田市を拠点...

宇部日報社

市が新たに電動自転車20台導入 シェアサイクル実証事業 観光客の需要を見..

 山口市は15日、2020年から行っているシェアサイクル実証事業で、新たに電動自転車20台を導入した。市民からの要望に加え、米有力紙の特集「今年行くべき旅行地52選」に選ばれたこともあり、国内...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク