全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

コロナ禍でも災害に備え訓練 ゲームで避難所運営

地域の消防団と意見を交わしながら防災ゲームを進める新庄中学校の3年生(29日、和歌山県田辺市新庄町で)

 和歌山県田辺市の新庄中学校で29日、災害時の避難所運営を疑似体験するゲーム「HUG(ハグ)」に3年生41人と地域の消防団員・消防職員14人が8チームに分かれて挑戦した。同校は市の避難所に指定されている。ゲームでは次々と避難者が訪れ、トラブルが続出する中、意見を出し合いながら対処した。
 HUGは「避難所運営ゲーム」の頭文字を並べた造語。プレーヤーは避難所運営の担当者となり、進行役が配布する「避難者カード」を年齢や被災程度などに合わせ適切に配置していく。防災意識を高めるほか、正解のない課題を話し合うことで、限られた資源や情報の中で判断する力も身に付くという。
 ゲームは1月23日の日曜午前11時、マグニチュード(M)8・7の地震が発生したと想定。正午になり、雨が強まる中、避難所になった新庄中の前には100人ほどの避難者がおり、素早い判断が求められる―という状況で始まった。
 「赤ちゃん連れがいる」「ペットが一緒だ」「たばこを吸いたいんだって」「毛布が届いたけれどどこに置けばいいだろう」「マスコミが取材用の駐車場を問い合わせている」。プレーヤーは次々配られるカードを読み上げ、対策を考えた。
 各チームとも議論は白熱。「赤ちゃんのいる家族は(防音設備のある)音楽室に行ってもらおう」「健康な人は優先して3階へ」「犬は自転車置き場につなごう」「取材での駐車は一時的だから心配ない。取材は本部で対応してもらおう」。方針に沿ってカードを学校の教室や体育館に見立てた紙の上に配置した。
 中村吏斗君は「さまざまな事情がある避難者一人一人に対応するのは大変。優先順位を決めて対処できたのは良かった」、大久保聖志琉さんは「いろんな意見が出るからまとめるのが難しいと感じた。でも、しっかり話し合えば、自分の提案と違う結論になっても納得できた」と手応えを感じた様子だった。
 桑原仁史校長は「中学生なら避難所でも戦力になれる。地域の大人と意見を交わして物事を進める良い機会になった」と話した。

関連記事

紀伊民報社

炎天下に梅ずらり 夏の風物詩「天日干し」始まる

 和歌山県の紀南地方で、特産の梅の天日干しが始まった。梅雨明けの強い日差しの下、塩漬けした梅が容器にずらりと並べられている。  農家は収穫した梅をタンクで1カ月ほど塩に漬け込み、それを出して、...

荘内日報社

酒田舞娘と交流 地元の魅力支える人たち 十坂小で特別授業

 酒田市の十坂小学校(五十嵐敏剛校長)で22日、酒田舞娘(まいこ)を招いた特別授業が開かれた。芸妓(げいぎ)の小鈴姐さん、酒田舞娘の鈴華さんと鈴千代さんの講話・演舞を通し、6年生27人が「酒田の魅力」に...

輝く黄金 ロール点々 小麦収穫 ペース順調 帯広

 小麦の収穫が十勝管内で本格化する中、畑に残った麦わらを専用機械で巻き集めた「麦稈(ばっかん)ロール」が点在する風景を目にするようになった。広大な十勝農業を象徴する、夏限定の牧歌的な一こま。「...

宇部日報社

中学校の垣根越え研さん 厚狭卓球クラブ、部活動の地域移行先駆け【山陽小野..

 中学校部活動の地域連携・地域移行をめぐり、山陽小野田市は2026年度からの休日活動での地域移行を目指して協議を進めている。「地域の子どもたちを地域で育てよう」の共通認識の下、学校や市スポーツ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク