全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

黒島沖にマンタ集結 仲本海岸・多い日は20匹も 餌のプランクトン求め

仲本海岸沖で確認されたマンタ(1月28日小型無人機で撮影)

 【黒島】今年もマンタが黒島沖に集まっている。島西部の沖合ではこの時期、北風が吹き、気温が低下して餌となるプランクトンがたまりやすくなるため、マンタが集結する。

 例年、石垣島をはじめ島々からダイビング船が集まってくるが、新型コロナウイルスの影響による観光客減少でことしはほとんど見られない。

 黒島研究所の亀田和成主任研究員は「年末年始以降はダイビング船が少なくなり、例年に比べマンタが多い気がする」と話す。亀田研究員によると多い日は20匹確認できるという。

 黒島ではマンタの季節になると島民がアーサ(ヒトエグサ)の生育具合を気にし、海岸へ確認する光景が見られる。 (黒島通信員)

関連記事

長野日報社

萩倉のクラフトビール 田村さんが醸造工場、初出荷 長野県下諏訪町

 長野県下諏訪町萩倉で、かつて同町の酒造会社で蔵人として働いていた田村治男さん(35)=同町東町上=がクラフトビールの醸造を始めた。同地に建てた醸造工場で4月から仕込んできたクラフトビールを5月...

紀伊民報社

濱中氏がGM就任 和歌山FB

 和歌山県田辺市出身の元プロ野球選手で、野球解説者の濱中治氏(43)が23日、さわかみ関西独立リーグに所属する和歌山ファイティングバーズ(FB)のゼネラルマネジャー(GM)に就任した。濱中氏は「...

田植え体験楽しむ 日ハムとコラボ B・Bも参加 田んぼのオーナー事業 厚真

厚真町内で農家の手ほどきを受けながら米作りを体験する2022年度田んぼのオーナー事業「田植え体験」が21日、町内幌内の水田で行われた。同日はプロ野球・日本ハムファイターズの被災地復興支援事業「ふぁ...

荘内日報社

仙台―バンコク再開目指す みちのくインバウンド推進協議会

 東北地方で観光に携わる関係者らで組織する「みちのくインバウンド推進協議会」(熊谷芳則理事長)の本年度総会が23日、酒田市のホテルリッチ&ガーデン酒田で開かれ、事業計画など計5議案を承認。インバウンド...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク