全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

茅野産そば焼酎 商品化に向け試作 市農技連と戸田酒造

茅野市産ソバを使って試作した「茅野そば焼酎」(仮称)。地元の戸田酒造などと連携して商品化を目指していく

茅野市農業技術者連絡協議会(事務局・市農業支援センター)は、「ダイヤ菊」醸造元の戸田酒造(同市ちの)に依頼し、同市産のソバを使ったそば焼酎を試作した。芳醇な香りとまろやかな味わいが特徴で、市農技連構成団体のほか、生産者やそば店などからも感想や意見を寄せてもらい、改良を重ねて同社からの一般販売へつなげる考え。茅野市産ソバのさらなる生産振興やブランド化を目指す。

推奨品目のソバの栽培面積は右肩上がりを続け、同センターによると、今年度の市内の刈り取り面積は191・9ヘクタール。15年前の5倍近くに達する中、新たな活用や名産品づくりを模索し、そば焼酎の試作が持ち上がった。

2019(令和元)年の秋に収穫した茅野市産の玄ソバ315キロを県内の製粉会社で醸造用に加工。続いて、戸田酒造がソバと国産のコメを原料に仕込んでアルコール度数25度の「茅野そば焼酎」(仮称)をつくり、720ミリリットル瓶にソバの白い花をあしらった試作のラベルを貼った。

市農技連は、市やJA信州諏訪、県諏訪農業農村支援センターなどで構成する。今後は市そば生産者協議会、そば店などでつくる八ケ岳蕎麦切りの会にも呼び掛けて、味やデザインなどについて意見を寄せてもらう。早ければ、御柱年でもある22(令和4)年に商品化したい考え。同センターは「茅野市は県内有数のソバの産地。将来的にはふるさと納税の返礼品にも加えていければ」とする。

試飲した八ケ岳蕎麦切りの会の宮坂新一会長=勝山そば店=は「癖がなく飲みやすい。ほんのりした甘みも楽しめる」と感想を話し、「自然豊かな茅野市で栽培されたソバの焼酎 。キャンプで飲んだり、まきストーブの火を見ながら楽しんだりと 、茅野ならではのシーンが広がっていけば」と期待を寄せている。

試作品の詳細は、茅野市農業支援センター(電話0266・72・2101)へ。

関連記事

マチの魚屋ここに在り 過去10年で十勝管内2割減少…生き残りに懸命

 対面販売で魚の旬や産地、おいしい食べ方を消費者に伝えてきた鮮魚店。帯広の老舗鮮魚店「浜谷商店」が1月に閉店するなど、いわゆる「マチの魚屋さん」が十勝でも減っている。消費者の魚離れに加え、切り身や...

海外クルーズ船、3年ぶり寄港 奄美市 乗客650人、地元歓迎

 米国の船会社が所有する豪華客船「セブンシーズ・エクスプローラー」(5万5254トン)が23日、鹿児島県奄美市の名瀬港観光船バースに接岸した。新型コロナウイルスの影響で外国からの客船寄港の自粛が...

長野日報社

ネパール伝統成人式 日本生まれの3人、長野県駒ケ根市で

 ネパール式のヒンズー教による伝統的な成人式「バルタマン」が23日、長野県駒ケ根市北割一区のネパール料理店「ポカラダイニング」で開かれた。一人前の大人になるために行う通過儀礼で、同店を経営する...

北羽新報社

能代港・秋田港洋上風力発電所の完成祝い竣工式

 丸紅が主導する特別目的会社「秋田洋上風力発電」(秋田市、AOW)が建設した能代、秋田両港洋上風力発電所の竣工(しゅんこう)式が23日、能代市文化会館大ホールで行われた。施工業者ら約300人が参加し、工...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク