全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

茅野産そば焼酎 商品化に向け試作 市農技連と戸田酒造

茅野市産ソバを使って試作した「茅野そば焼酎」(仮称)。地元の戸田酒造などと連携して商品化を目指していく

茅野市農業技術者連絡協議会(事務局・市農業支援センター)は、「ダイヤ菊」醸造元の戸田酒造(同市ちの)に依頼し、同市産のソバを使ったそば焼酎を試作した。芳醇な香りとまろやかな味わいが特徴で、市農技連構成団体のほか、生産者やそば店などからも感想や意見を寄せてもらい、改良を重ねて同社からの一般販売へつなげる考え。茅野市産ソバのさらなる生産振興やブランド化を目指す。

推奨品目のソバの栽培面積は右肩上がりを続け、同センターによると、今年度の市内の刈り取り面積は191・9ヘクタール。15年前の5倍近くに達する中、新たな活用や名産品づくりを模索し、そば焼酎の試作が持ち上がった。

2019(令和元)年の秋に収穫した茅野市産の玄ソバ315キロを県内の製粉会社で醸造用に加工。続いて、戸田酒造がソバと国産のコメを原料に仕込んでアルコール度数25度の「茅野そば焼酎」(仮称)をつくり、720ミリリットル瓶にソバの白い花をあしらった試作のラベルを貼った。

市農技連は、市やJA信州諏訪、県諏訪農業農村支援センターなどで構成する。今後は市そば生産者協議会、そば店などでつくる八ケ岳蕎麦切りの会にも呼び掛けて、味やデザインなどについて意見を寄せてもらう。早ければ、御柱年でもある22(令和4)年に商品化したい考え。同センターは「茅野市は県内有数のソバの産地。将来的にはふるさと納税の返礼品にも加えていければ」とする。

試飲した八ケ岳蕎麦切りの会の宮坂新一会長=勝山そば店=は「癖がなく飲みやすい。ほんのりした甘みも楽しめる」と感想を話し、「自然豊かな茅野市で栽培されたソバの焼酎 。キャンプで飲んだり、まきストーブの火を見ながら楽しんだりと 、茅野ならではのシーンが広がっていけば」と期待を寄せている。

試作品の詳細は、茅野市農業支援センター(電話0266・72・2101)へ。

関連記事

紀伊民報社

炎天下に梅ずらり 夏の風物詩「天日干し」始まる

 和歌山県の紀南地方で、特産の梅の天日干しが始まった。梅雨明けの強い日差しの下、塩漬けした梅が容器にずらりと並べられている。  農家は収穫した梅をタンクで1カ月ほど塩に漬け込み、それを出して、...

荘内日報社

酒田舞娘と交流 地元の魅力支える人たち 十坂小で特別授業

 酒田市の十坂小学校(五十嵐敏剛校長)で22日、酒田舞娘(まいこ)を招いた特別授業が開かれた。芸妓(げいぎ)の小鈴姐さん、酒田舞娘の鈴華さんと鈴千代さんの講話・演舞を通し、6年生27人が「酒田の魅力」に...

輝く黄金 ロール点々 小麦収穫 ペース順調 帯広

 小麦の収穫が十勝管内で本格化する中、畑に残った麦わらを専用機械で巻き集めた「麦稈(ばっかん)ロール」が点在する風景を目にするようになった。広大な十勝農業を象徴する、夏限定の牧歌的な一こま。「...

宇部日報社

中学校の垣根越え研さん 厚狭卓球クラブ、部活動の地域移行先駆け【山陽小野..

 中学校部活動の地域連携・地域移行をめぐり、山陽小野田市は2026年度からの休日活動での地域移行を目指して協議を進めている。「地域の子どもたちを地域で育てよう」の共通認識の下、学校や市スポーツ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク