全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

てんかんの重症度を指標化 県立医科大学

「てんかん」の重症度を世界で初めて指標化したと発表する県立医科大学の中井康雄助教(左)ら=28日、和歌山市で

 脳の一時的な機能異常によりけいれんや意識消失などが起こる病気「てんかん」について、県立医科大学(和歌山市)は28日、世界で初めて、重症度と関連する脳機能を指標化したと発表した。将来的には、治療前に重症度を把握し、これまで不可能だった、一人一人に応じた最適な治療方針の決定につながることが期待できるという。
 医学部の脳神経外科学講座の中井康雄助教、中尾直之教授、生理学第1講座の金桶吉起教授が記者会見した。
 てんかんは珍しくない病気で、日本では年間10万人当たり45人(推定5万7千人)が発病し、患者は千人当たり4~8人(推定65万~90万人)いる。また、乳幼児や高齢者に多いという特徴がある。症状は、けいれんや視覚の異常、しびれや痛み、口や手がもぞもぞ動く、意識消失など多数あるという。
 患者の7~8割は薬物治療で発作が治まる。一方、二つ以上の薬物で十分に発作が止められない「難治性てんかん」は、外科治療で病原となる焦点を切除するが、それでも改善しない場合がある。その原因の一つとして、従来の検査や診断では、治療前に脳の状態を十分に評価できないためと考え、指標化を検討したという。
 研究では、焦点だけでなく、他の部分とのネットワークの異常にも原因があると推測した。脳を388カ所の領域に分け、その一つ一つについて、ネットワークの状態を調査。正常範囲と異常範囲を健常者582人から特定した。
 その上で患者25人の状態を見たところ、ネットワークが異常値を示す領域の数は、全員、健常者より多いことが分かった。患者の中でも病気の期間が長い人や、薬が効きにくい人ほど、異常値を示す領域の数が多いことも示された。
 研究の成果について、中井助教は「外科治療で焦点の切除だけでなく、ネットワークの異常も考慮したり、治療がどの程度効いているかをネットワークの異常から見たりできるなど、診療に役立つ可能性がある。てんかんの病態解明の一助となる可能性もある」と話した。

関連記事

紀伊民報社

不登校の子持つ親支援 「親カフェ」

 子どもが不登校や不登校気味で悩む保護者を支援しようと、和歌山県上富田町の「かみとんだ女性議員の会」が20日、同町朝来の喫茶店「Rカフェ2」で、つながりや語り合いの場「親cafe(カフェ)」を開...

「ウマ娘」とコラボ 27日からデジタルスタンプラリー 苫観光協会

苫小牧観光協会はゴールデンウイーク期間中の27日から5月6日まで、人気ゲーム・アニメの「ウマ娘」と連携した初のイベント「市内周遊 出走! スタンプラリー」を実施する。ウマ娘の等身大パネルを市内の観...

荘内日報社

鼠ケ関「神輿流し」 豊漁と海上安全願う 満開の桜の下 春の伝統行事

 鶴岡市鼠ケ関の弁天島にある厳島神社の例大祭行事「神輿(みこし)流し」が15日、鼠ケ関地区内で行われた。神輿を担いだ白装束姿の若い男衆たちが地区内を練り歩いた後、鼠ケ関川に入り神輿に威勢よく水を掛け...

音更ハピオ30周年企画続々 豊西牛祭りやロゴトート

 音更町内のスーパー・ハピオは今年、開店30周年を迎える。記念事業として、企業とのコラボ商品やオリジナル商品を随時販売していく予定で、「特別感のある商品で日頃支えてもらっているお客さまに還元したい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク