全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

帯広・北の屋台の味 自宅で 定番商品テークアウト 全店対応

 帯広市内中心部で営業する北の屋台の全20店と卒業店2店は、テークアウトを新たに始めた。新型コロナウイルスの影響で市内中心部全体の客足が落ち込む中、来店のきっかけをつくるのが目的。北の屋台全店でテークアウトに対応するのは初めて。

各店が趣向を凝らしたテークアウトメニューを用意した(写真は巣だっちのおびひろGENKI玉と中札内産黒枝豆のセット)

 北の屋台は昨年12月の来店数が前年比6割減で、今月も客数が伸び悩んでいる。北の屋台を運営する北の起業広場協同組合によると、市内中心部のホテルのビジネス利用は一定数あり、宿泊客が外食せずホテル内のレストランで済ませる事例も多い。

 テークアウトを選択肢の一つに加えることで、ビジネス客や店内飲食を敬遠する地元住民らの需要を取り込む。

 北の屋台では約3分の1の店が従前からテークアウトに対応しており、今回改めて全店で各店の定番商品を軸にテークアウトメニューを用意した。串揚げの盛り合わせ、ビーフシチュー、ティラミスなどのほか弁当を用意する店もある。

 同組合の松下博典事務局長は「屋台で毎年やるイベントもしばらくできておらず店主たちが気合を入れてメニュー開発をした。家庭で屋台の味を楽しんでほしい」とPRしている。

関連記事

清見100%のロゼ 今年も 淡いピンクに磨き めむろワイナリー

 芽室町内のワイン醸造所「めむろワイナリー」(町中美生、尾藤光一代表)の、2023年ビンテージ「たのしむ 清見ロゼ」(1本750ミリリットル、4950円)が完成した。5月1日から販売を開始する。 ...

豚丼「100年フード」へ メニュー刷新やPR強化 プロジェクト始動 帯広..

 帯広物産協会(小倉豊会長)は4月から、十勝のソウルフードとして知られる「豚丼」のPR強化、メニューのリニューアルなどを行う「100年豚丼プロジェクト」に取り組んでいる。豚丼が昨年度、文化庁の「1...

更別村のビール誕生 副原料に特産5品目 JA青年部50周年記念

 JAさらべつ青年部(赤澤翔太部長)は、今年創立50周年を迎えたことを記念し、更別産の農産物を副原料に使用したクラフトビール「さらべつふるえーる」を開発した。赤澤部長は「更別を詰め込んだビールがで...

長野日報社

「ごくらくセット」新装 諏訪五蔵の酒造めぐり 長野県諏訪市内

 長野県の諏訪観光協会と諏訪市内5軒の造り酒屋(諏訪五蔵)は27日、五蔵が通年で行う酒造めぐり「ごくらくセット」を4月からリニューアルすると発表した。御朱印帳をイメージした台紙を作製し、各蔵を回...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク