全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

高遠そば復活20周年シンポ 式典やパネル討論

パネルディスカッションで高遠そばの発展を模索したシンポジウム

 高遠そばの復活20周年を記念した「高遠そばシンポジウム」(同実行委員会主催、長野日報社など後援)が16日、伊那市高遠町のJA上伊那東部支所で開かれた。関係者ら約100人が出席。記念講演やパネルディスカッション、記念式典で活動の節目を祝った。

 高遠そばは江戸時代、高遠藩主だった保科正之が転封に伴い、辛味ダイコンの絞り汁と焼きみそで食べるそばを山形藩(山形県)や会津藩(福島県)に伝えた。“本家”の高遠よりも山形や会津で有名になった。高遠そばの食文化が衰退していた1997年、当時の高遠町(現伊那市)で住民有志による「究極の高遠そば研究会」が発足。さまざまな団体により、高遠そばで町を盛り上げよう―とする活動が始まった。

 シンポジウムでは信州大学農学部(南箕輪村)の井上直人教授が「在来品種『入野谷そば』の育成とブランド化」と題して記念講演。同市長谷に伝わる在来種・入野谷ソバの特徴を示しながら、「(入野谷ソバの)ブランド化には歴史やストーリー性などが必要。ソバは交雑しやすい植物なので、入野谷そばの特徴を保ちながら育成を続けたい」と話した。

 パネルディスカッションでは井上教授に加え、会津そばトピア会議会長の唐橋宏さん、山形県で在来品種そばの栽培に取り組む工藤一夫さん、製粉スペシャリストの鈴木文明さん、白鳥孝伊那市長が「高遠そばの未来」について意見を交わした。ソバの収量が不安定なことから、上伊那広域でのそば粉相互融通の可能性や、そば粉を使った新たな土産品の開発、婚活そば打ちの実施などの案が挙がった。

 白鳥伊那市長は歴史的なつながりのある山形・会津との連携などを挙げ、「入野谷そば粉や内藤とうがらしを使った純伊那産食材の究極の高遠そばを開発してほしい」と述べた。飯島進実行委員長は「20周年を機に、高遠そばを盛り上げる機運がますます高まれば」と期待していた。

関連記事

長野日報社

商店街「そっと」彩る七夕飾り 諏訪市末広

長野県諏訪市の末広連合商業会(長谷川佳史会長)は6日、七夕飾りを作り、商店街の街路灯に取り付けた。例年約3000人の人出でにぎわう恒例の七夕祭りは新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止したが...

カンムリワシ号を運航 JTAが八重山球児の活躍祈念 県高校野球

 日本トランスオーシャン航空(JTA)は、4日開幕の「2020沖縄県高等学校野球夏季大会」に出場する八重山3高校の球児と監督、保護者らを乗せたチャーター便「カンムリワシ号」を3日午前、運航させ...

長野日報社

諏訪湖サマーナイト花火 8月1日から開催

諏訪観光協会と諏訪湖温泉旅館組合でつくるサマーナイト花火実行委員会は26日、諏訪市の諏訪湖で花火を連日打ち上げる「諏訪湖サマーナイト花火」を8月1日から22日までの22日間、3密対策を講じた上で開...

八重山で「部分日食」 全体の9割以上欠ける 国内最大

 月が太陽の前を横切ることで太陽が一部欠けて見える「部分日食」が21日午後、全国各地であり、八重山では太陽が90%以上も欠けて見える国内最大の部分日食が観測できた。NPO法人八重山星の会(通事安夫会...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク