全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

諏訪大社上社本宮の「銅鳥居」改修へ 長野県諏訪市

参拝者の安全確保と改修のため通行止めとなった諏訪大社上社本宮銅鳥居

 諏訪大社は、上社本宮(諏訪市)境内の入口御門の東側に位置する銅製の明神鳥居「銅鳥居」上部の「貫」と呼ばれる横材の中央部に隙間ができ、広がりつつあるため28日から鳥居を通行止めにした。文化庁などの指導を受けながら応急処置を行った後、本格的に修理する。修理に伴い、奉賛への協力を呼び掛けている。

 隙間は2011年の東日本大震災後に見つかり、状況の変化に注意してきた。20年12月の調査では貫の中央部が本来の位置よりも7.5センチ下がっていた。15年の調査では4.5センチだったため5年間で3センチ下がった。貫は内部の芯が木製で、その周囲を厚さ1.2センチ程度の銅板が覆い、中央部に継ぎ目がある。この継ぎの位置を底にして下がっており、大人の指が入るほどの隙間ができている。

 貫と、貫の上部にある横材「島木」をつなぐ「額束」との間にも6センチの隙間がある。諏訪大社とともに修理方針を検討している公益財団法人文化財建造物保存技術協会(東京都)によると、鳥居の老朽化は進んでいるが、貫の内部の芯木には影響がないため、「すぐに貫が落下する危険性はないと思われるが、早めに対応したほうがいい」としている。

 鳥居は高さ8.8メートル、地上の左右の柱の間の幅は7.3メートル。1892(明治25)年建立された。2016年に本宮境内の国重要文化財「布橋」の附に指定された。22年の令和4年諏訪大社式年造営御柱大祭(御柱祭)の里曳きで本宮境内に曳き込む際に通過するが、諏訪大社は「御柱祭への影響はないようにする」としている。

 通行止め期間中は北参道への迂回を求めている。奉賛金の問い合わせは本宮(電話0266・52・1919)へ。

関連記事

宇部日報社

市長賞に花園自治会、春の花壇コンクール、特別賞や最優秀賞決まる【宇部】

 宇部市春の花壇コンクールの受賞団体が決まり、最高賞の市長賞には東岐波の国道190号沿いの花壇を彩った花園自治会(伊藤昌洋会長)が輝いた。市、市ガーデンシティ緑化運動推進委員会(会長・篠﨑圭二市...

紀伊民報社

南高梅が不作 平年の3割弱 梅の着果調査

 JAや日高振興局などでつくる「日高果樹技術者協議会」は19日、和歌山県の御坊・日高の4市町で実施した本年産南高梅の着果調査結果を発表した。主産地であるみなべ町と印南町の着果数は、過去10年平均...

苫小牧市ロゴマーク制定記念 22日に切手シート発売

日本郵便北海道支社は22日から、苫小牧市のロゴマーク制定を記念したオリジナルフレーム切手の販売を始める。84円切手10枚から成るシートで1枚は市のロゴマーク、残り9枚はとまチョップが樽前山山頂に登...

荘内日報社

龍神様とご縁を結ぶ 善寳寺 「辰歳御縁年記念企画」始まる

 鶴岡市下川の龍澤山善寳寺で12年に1度の「辰歳(たつどし)御縁年記念企画」が始まった。本堂で祈祷を受けた後、奥の院・龍王殿を拝観し「龍神様」とご縁を結ぶ。このほか国の重要文化財に指定されている絵画「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク