全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

茶の河野園 店頭で“氷まつり” 帯広

 「茶の河野園」を運営する河野産業(帯広市)の柳澤秀一代表(55)は、市西3南8の本店前で自作のアイスキャンドルを並べ、道行く人の目を楽しませている。店舗前の美化と、コロナ禍で奮闘する医療関係者らへのエールを込めて制作し、数十個の氷塊が積み上がっている。市内中心部で開催のおびひろ氷まつり(29~31日)も近づいており、「会場に来たついでに見ていただけたら」と柳澤さんは話す。

「毎日、営業を終えた後に少しずつ作り足しています」と笑顔を見せる柳澤さん

 河野園は日本茶や茶器などを扱い、創業80年以上になる老舗。柳澤さんは3代目で、市内と音更町で4店舗を経営している。昨年、帯広経済センタービルが本店前に移転したことで人通りが増え、店舗の美化を考えていた。

 10日ごろから、店にあったバケツに水を張って氷を作り始め、トンカチとミノで中に空洞を作った。除雪で積み上がった店舗前の雪山を平らに整え、アイスキャンドルを並べる台に見立てた。最初は氷の中にろうそくを入れていたが、昼間でも見て楽しめるように急須や茶の缶なども入れるようになった。

 柳澤さん自身、アイスキャンドル作りは初めてで、自分の店にあるものを使いながら我流で形にしていった。毎日、営業を終えた夜にこつこつと制作を続けていると、道行く人が写真に収めることも多く、「きれいですねと声を掛けてもらい、励みになった」(柳澤さん)という。

 柳澤さんは「コロナで大変な方は多いと思い、応援したいと思って作り始めた。氷まつりの期間も設置し、2月ごろまでは自分のペースで作り続けたい」と笑顔を見せている。今年の氷まつりは新型コロナウイルス対策として会場を例年の緑ケ丘公園から変更し、JR帯広駅北側の「夢の北広場」と広小路、藤丸前ふれあい広場で開かれる。

関連記事

帯広徳洲会病院「発熱外来」 入り口分け8日開設

 帯広徳洲会病院(音更、棟方隆院長)は8日から、「発熱外来」の運用を開始する。建物を一部改築し、発熱症状などがある患者と他の患者の入り口や動線を分ける。  発熱外来は同病院南側にある検査科予...

個性豊かな商品がずらり 障がい者の就労支援 ナイスハートバザール

 就労継続支援事業所などの商品が集うバザー「りゅうぎんプレゼンツナイスハートバザールin石垣島」が6日、マックスバリュやいま店駐車場であった。市内の9事業所が出店し、月桃おにぎりや牛乳パックを材...

長野日報社

コロナワクチン医療従事者優先接種始まる 長野県諏訪地方

 県諏訪保健福祉事務所は6日、新型コロナウイルスワクチンの医療従事者向け優先接種の実働訓練を諏訪市の諏訪赤十字病院などで実施した。午前と午後の2部制で午後は、基本型接種施設の4病院(諏訪赤十字...

荘内日報社

鶴高専が担う鶴岡の未来 地元企業との連携語り合う

 鶴岡商工会議所(加藤捷男会頭)の「鶴岡ものづくり企業懇談会」が5日、鶴岡市の東京第一ホテル鶴岡で開かれ、今月末で退任する鶴岡工業高等専門学校の高橋幸司校長の講演と、地元企業関係者を交えたパネルディ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク