全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「ばんば盛り」でばんえい記念盛り上げ 提供飲食店募集 帯広

 大盛りメニューで“大盛り上げ”を-。ばんえい十勝は、3月21日開催のばんえい最高峰レース「第53回ばんえい記念」(BG1)に合わせ、巨体のばん馬を連想させる大盛りなどのメニューを「ばんば盛り」として提供する管内の飲食店を募集している。

参考例の豚丼。右が通常メニュー、左が「ばん馬盛り」

 「ばんば盛り」の定義は(1)ばん馬にちなんだ、通常または大盛りの2倍盛りであること(2)ばん馬をイメージした盛り付けやデコレーション、セットメニューであること-のいずれかを満たすもの。(2)は例えばハンバーグが蹄鉄(ていてつ)形だったり、スープカレーのトッピングでニンジン丸々1本追加など。

 それぞれの店での提供となり、提供期間は3月18~21の4日間。提供食数は1日25食、4日間で100食限定とし、1食当たり200円をばんえい十勝が負担する。

 応募資格は、新型コロナウイルス感染防止対策を講じている店舗で、ランチタイムに「ばんば盛り」を提供できること(テークアウトも可)、ポスターの掲示やSNS(インターネット交流サイト)、ホームページ(HP)で「ばん馬盛り」やばんえい記念のPRに協力できることなど。

 締め切りは2月3日。詳細や申し込みは、ばんえい十勝のHPで。問い合わせは事業を運営する東洋(0155・23・1321)へ。

関連記事

紀伊民報社

ジビエの生ソーセージが好評 1年余で1万9千本販売

 和歌山県古座川町月野瀬にある食肉処理加工施設「古座川ジビエ 山の光工房」が製造販売している、シカとイノシシの肉を使った生ソーセージの売れ行きが好調だ。マイスターというドイツの国家資格を持つ森田...

荘内日報社

21年度 全米日本酒歓評会(日本各地から500点超出品) くどき上手「Jr.の雫..

 「2021年度全米日本酒歓評(かんぴょう)会」がこのほど、ハワイのホノルル市内で行われ、亀の井酒造(鶴岡市羽黒町、今井俊治社長)の大吟醸「くどき上手Jrの雫(しずく)」が大吟醸部門で最高賞のグランプ...

長野日報社

幼虫やさなぎびっしり 地蜂の巣入荷最盛期 長野県伊那市

伊那市ますみケ丘の産直市場グリーンファームで、地蜂(クロスズメバチ)の巣の入荷が最盛期を迎えた。店内には一段一段にびっしりと幼虫やさなぎが詰まった巣がずらりと並び、来店した人たちを驚かせている...

荘内日報社

全国有名店の味楽しんで 庄内空港 「ラーメン・麺類大集合」開幕

 今月1日に開港30周年の節目を迎えた酒田市の庄内空港で9日、国内外の名産品・グルメを取りそろえた月替わり物産展「おいしい翼のマルシェ」第6弾「全国のラーメン・麺類大集合」が開幕。北は北海道、南は九州ま...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク