全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「ばんば盛り」でばんえい記念盛り上げ 提供飲食店募集 帯広

 大盛りメニューで“大盛り上げ”を-。ばんえい十勝は、3月21日開催のばんえい最高峰レース「第53回ばんえい記念」(BG1)に合わせ、巨体のばん馬を連想させる大盛りなどのメニューを「ばんば盛り」として提供する管内の飲食店を募集している。

参考例の豚丼。右が通常メニュー、左が「ばん馬盛り」

 「ばんば盛り」の定義は(1)ばん馬にちなんだ、通常または大盛りの2倍盛りであること(2)ばん馬をイメージした盛り付けやデコレーション、セットメニューであること-のいずれかを満たすもの。(2)は例えばハンバーグが蹄鉄(ていてつ)形だったり、スープカレーのトッピングでニンジン丸々1本追加など。

 それぞれの店での提供となり、提供期間は3月18~21の4日間。提供食数は1日25食、4日間で100食限定とし、1食当たり200円をばんえい十勝が負担する。

 応募資格は、新型コロナウイルス感染防止対策を講じている店舗で、ランチタイムに「ばんば盛り」を提供できること(テークアウトも可)、ポスターの掲示やSNS(インターネット交流サイト)、ホームページ(HP)で「ばん馬盛り」やばんえい記念のPRに協力できることなど。

 締め切りは2月3日。詳細や申し込みは、ばんえい十勝のHPで。問い合わせは事業を運営する東洋(0155・23・1321)へ。

関連記事

紀伊民報社

おうち時間にいかが 「バナナ梅酒」発売

 全国的なバナナジュース人気を受け、和歌山県田辺市下三栖の梅干し・梅酒製造販売「中田食品」(中田吉昭社長)は、バナナ果汁入りの梅酒を開発した。3月1日に発売する。  商品名は「とろこくバナナ姫...

「牛肉巻きごはん」清水の新名物に レシピ考案コン

最優秀賞に大塚さん  清水町のチーズを使い、新たな名物料理を生み出すレシピ考案コンテスト(十勝毎日新聞社主催)の最終審査会が19日、町中央公民館で開かれた。49作品の応募の中から、1次審査を通過し...

大樹初の「地ビール」 小麦とイモ原料 本格販売へ

 JA大樹町青年部(半谷勇人部長、部員50人)は、大樹産の小麦やジャガイモを原料とした地ビール「大樹のしずく」を完成させた。澄川麦酒醸造所(札幌市)が約300本(1瓶330ミリリットル)を醸造。同...

「鳥せい」家庭で味わって 門外不出の味付け肉 福原が販売 十勝

 スーパーマーケットチェーンの福原(帯広市、福原郁治社長)は、十勝のソウルフード「鳥せい」の門外不出の味を家庭で楽しんでもらおうと、パック入りの鳥せい味付け肉を商品化し、一部店舗で販売を始めた。数...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク