全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豆まき 十勝産で 芽室の落花生 袋詰め作業

丁寧に落花生を仕分けするスタッフ

 2月2日の「節分」を前に、芽室町産殻付き落花生の袋詰め作業が本格化している。落花生は「十勝グランナッツプロジェクト」のメンバーで、藤井信二さんを中心とする芽室町上伏古地区の農家10軒が生産した。

 帯広の障害者就労継続支援事業所「大作」(西3南16、高橋優輔社長)が選別や袋詰めを担い、利用者らが一つ一つの落花生を丁寧にチェック。形が悪い物などを取り除いた後、パッケージに詰めている。昨年12月中旬から作業を始め、1月末までに完了する予定だ。

 落花生は昨秋に収穫し、総量は約1300キロ。北海道の昼夜の寒暖差を生かした落花生は甘味が強く、作業を担当するスタッフの小関勇武さん(26)は「利用者の方々や職員が丁寧に作業し、袋詰めしている。ぜひ手に取ってもらえれば」と話している。

 落花生は管内の一部スーパーなどで扱っている。

関連記事

長野日報社

南箕輪村特産米 飲食店で”村産村消” 「金芽米の日」開始 長野県

長野県南箕輪村で14日、村特産の特別栽培米「風の村米だより」を飲食店で提供する「金芽米の日」が始まった。毎月第2、4金曜日を「金芽米の日」として消費拡大と認知度向上を図る取り組みで、村内の飲食...

長野日報社

地元産原料の麦焼酎、来春発売へ製品化 長野県飯島町の「水緑里七久保」

 多品目で農業生産を手掛ける長野県飯島町七久保の「水緑里七久保」は、自社栽培の六条大麦を原料にした麦焼酎の製品化事業に着手した。喜久水酒造(飯田市)に醸造を委託し、来春に発売する。同社創立20周...

貴重な白「ひろがる」12日発売 めむろワイナリー

 芽室町内のワイン醸造所「めむろワイナリー」(中美生、尾藤光一代表)は12日から2023年ビンテージの白ワイン「ひろがる」(1本375ミリリットル、3300円)を84本限定で販売する。尾原基記醸造...

消費者へ“ツナグ”チーズ 芽室・大友牧場「ミルク感味わって」

 芽室町関山の大友牧場(大友詠吉代表)が、同牧場で搾った生乳を使いオリジナルのチーズ「ツナグ」を開発した。製造は新得町のチーズ工房「広内エゾリスの谷チーズ社」(寺尾智也代表)に委託した。大友代表は...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク