全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

世界最大規模品評会のIWC 上位8点に上伊那2銘柄

IWCでリージョナルトロフィーを受賞した小野酒造店の「夜明け前純米大吟醸」(右)と米澤酒造の「純米大吟醸年輪」(左)

 小野酒造店(辰野町小野、小野能正社長)の「夜明け前純米大吟醸」、米澤酒造(中川村大草、塚越寛社長)の「純米大吟醸年輪」が、英国で昨年開かれた酒類品評会「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)2020」のSAKE部門の純米大吟醸の部で、最高賞に次ぐ「リージョナルトロフィー」を初受賞した。国内外の蔵元から寄せられた429点のうち上位8点に、上伊那地方の2銘柄が入る成果を挙げた。

 IWCは世界最大規模のワイン品評会。このうち日本酒を審査するSAKE部門には、純米酒や純米吟醸酒など計9部に国内外の蔵元が1401点を出品した。最も出品数が多かったのが純米大吟醸の部で、上位26点に入る金賞に、上伊那では夜明け前と年輪のほか、米澤酒造の「今錦純米大吟醸」が選ばれた。

■小野酒造店 夜明け前純米大吟醸

 小野酒造店の「夜明け前純米大吟醸」は、純米大吟醸ならではの芳醇とまろやかな味わいが特徴で、後味が爽やか。小野社長は「高い評価を得られたことは、大きな自信になる。日本酒の認知度が高まり、より多くの皆さんに楽しんでもらえるきっかけになれば」と話す。

 問い合わせは小野酒造店(電話0266・46・2505)へ。

■米澤酒造 純米大吟醸年輪

 米澤酒造の「純米大吟醸年輪」は、「米のうま味をじっくり味わえる」とともに、「フルーティーな香りやすっきりとした後味」が特徴だ。松下一成常務取締役は「コロナ禍で、日本酒関連業界は厳しい状況。受賞を励みに、さらにおいしい酒造りに努めたい」と意欲を見せる。

 問い合わせは米澤酒造(電話0265・88・3012)へ。

関連記事

帯広徳洲会病院「発熱外来」 入り口分け8日開設

 帯広徳洲会病院(音更、棟方隆院長)は8日から、「発熱外来」の運用を開始する。建物を一部改築し、発熱症状などがある患者と他の患者の入り口や動線を分ける。  発熱外来は同病院南側にある検査科予...

個性豊かな商品がずらり 障がい者の就労支援 ナイスハートバザール

 就労継続支援事業所などの商品が集うバザー「りゅうぎんプレゼンツナイスハートバザールin石垣島」が6日、マックスバリュやいま店駐車場であった。市内の9事業所が出店し、月桃おにぎりや牛乳パックを材...

長野日報社

コロナワクチン医療従事者優先接種始まる 長野県諏訪地方

 県諏訪保健福祉事務所は6日、新型コロナウイルスワクチンの医療従事者向け優先接種の実働訓練を諏訪市の諏訪赤十字病院などで実施した。午前と午後の2部制で午後は、基本型接種施設の4病院(諏訪赤十字...

荘内日報社

鶴高専が担う鶴岡の未来 地元企業との連携語り合う

 鶴岡商工会議所(加藤捷男会頭)の「鶴岡ものづくり企業懇談会」が5日、鶴岡市の東京第一ホテル鶴岡で開かれ、今月末で退任する鶴岡工業高等専門学校の高橋幸司校長の講演と、地元企業関係者を交えたパネルディ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク