全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

世界最大規模品評会のIWC 上位8点に上伊那2銘柄

IWCでリージョナルトロフィーを受賞した小野酒造店の「夜明け前純米大吟醸」(右)と米澤酒造の「純米大吟醸年輪」(左)

 小野酒造店(辰野町小野、小野能正社長)の「夜明け前純米大吟醸」、米澤酒造(中川村大草、塚越寛社長)の「純米大吟醸年輪」が、英国で昨年開かれた酒類品評会「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)2020」のSAKE部門の純米大吟醸の部で、最高賞に次ぐ「リージョナルトロフィー」を初受賞した。国内外の蔵元から寄せられた429点のうち上位8点に、上伊那地方の2銘柄が入る成果を挙げた。

 IWCは世界最大規模のワイン品評会。このうち日本酒を審査するSAKE部門には、純米酒や純米吟醸酒など計9部に国内外の蔵元が1401点を出品した。最も出品数が多かったのが純米大吟醸の部で、上位26点に入る金賞に、上伊那では夜明け前と年輪のほか、米澤酒造の「今錦純米大吟醸」が選ばれた。

■小野酒造店 夜明け前純米大吟醸

 小野酒造店の「夜明け前純米大吟醸」は、純米大吟醸ならではの芳醇とまろやかな味わいが特徴で、後味が爽やか。小野社長は「高い評価を得られたことは、大きな自信になる。日本酒の認知度が高まり、より多くの皆さんに楽しんでもらえるきっかけになれば」と話す。

 問い合わせは小野酒造店(電話0266・46・2505)へ。

■米澤酒造 純米大吟醸年輪

 米澤酒造の「純米大吟醸年輪」は、「米のうま味をじっくり味わえる」とともに、「フルーティーな香りやすっきりとした後味」が特徴だ。松下一成常務取締役は「コロナ禍で、日本酒関連業界は厳しい状況。受賞を励みに、さらにおいしい酒造りに努めたい」と意欲を見せる。

 問い合わせは米澤酒造(電話0265・88・3012)へ。

関連記事

チャレンジショップ改装 コンサドーレ札幌所属・中村選手 展示スペース増やす..

むかわ町観光協会は、町松風のチャレンジショップを改装した。サッカーJリーグ1部(J1)、北海道コンサドーレ札幌に所属する同町出身のDF中村桐耶選手(23)の展示コーナーのスペースを増やし、ファンが...

荘内日報社

渚の交番 カモンマーレ10万人 鶴岡 1周年に達成 記念イベント 魚つかみ取り マ..

 鶴岡市加茂で昨年6月にオープンした「渚の交番カモンマーレ」の来館者が22日、10万人に達し、記念のセレモニーが行われた。同日はオープン1周年の記念イベントも開かれ、夏空が広がり目の前の海が青さを増す中...

子どもの夜間・休日診療オンラインで 7月に管内初導入 上士幌

 上士幌町は7月1日、実証実験として、東京の民間医療サービス会社と連携し、小児科の夜間・休日オンライン診療を始める。町によると、管内では初の取り組みで、「子どもを連れて移動する必要がないので、通院...

宇部日報社

コミュニティ・ミートアップ 〝Aスクエアを面白く〟3分野の実現へ【山陽小野..

 「さんようおのだコミュニティ・ミートアップ」が21日、中央2丁目の複合施設「Aスクエア」で開かれた。34人が参加して同施設を盛り上げ、魅力ある場所にする取り組みについて考え、「サッカーJ2レ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク