全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

オブジェ鮮やか「彩凛華」開幕 十勝川温泉

色とりどりの光のオブジェが並ぶ会場

 十勝川温泉の冬を彩るイベント「第30回おとふけ十勝川白鳥まつり彩凛華(さいりんか)」(実行委員会主催)が23日、町内の十勝が丘公園ハナック広場で開幕した。新型コロナウイルスの拡大で規模を縮小、密を避ける形態にした。2月21日まで。

 午後7時の開場に合わせて、大小約300個の円すいや球体のオブジェが音楽に合わせてカラフルに色を変える光と音のショーがスタート。来場者は雪原に並ぶ“光のタワー”を前に写真撮影などを楽しんだ。

 釧路市から娘や孫らと訪れた50代の主婦は「例年より人が少なくてちょっと物寂しいが、すごくきれいだった」と話していた。

 新型コロナ対策として入り口では来場者への検温を徹底し、氏名などの記入も求めている。会場内では展望台や手湯・足湯のコーナーを設けず、ビニールハウス休憩所内の飲食の提供も取りやめた。

 事務局は「休日は混雑するため平日に足を運んでもらえたら。コロナにうつらない、うつさないを心掛けて楽しんでほしい」と話している。

関連記事

長野日報社

車中泊旅行の増加期待 下諏訪町赤砂崎公園に電源設置

長野県下諏訪町は、同町赤砂崎公園右岸広場駐車場にキャンピングカー向けの電源設備4基を設置した。3密を避けて旅行ができる車中泊旅行者の増加につなげようと、新型コロナウイルス感染症対応の地方創生臨...

無観客の「豊橋鬼祭」始まる

 国の重要無形民俗文化財「豊橋鬼祭」が10日、豊橋市八町通3の安久美神戸神明社で始まった。新型コロナウイルス対策で、神社内のみでの無観客開催となった。  初日は宵祭で、青鬼出動と岩戸舞。午前1...

児童が「エゴマだんご」開発

設楽名倉小5年生7人  設楽町立名倉小学校の5年生児童7人が、稲作地帯をアピールするため、和菓子「エゴマだんご」を開発した。地元で栽培されるエゴマを、あんや皮に使う。13日から3月31日まで、...

コロナの冬もぬくもりとよろこびを おびひろ氷まつり 29日開幕

 帯広三大祭りの一つ「第58回おびひろ氷まつり」(帯広のまつり推進委員会主催)が29日、JR帯広駅北側の「夢の北広場」など3会場で開幕する。氷彫刻の制作は大詰めを迎え、バイクや天使、エンゼルフ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク