全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

伊那市の百瀬さん 技術伝えるおはぎ教室

自宅の調理室で受講者に手作りおはぎの作り方を教える百瀬江子さん(右)=伊那市西町

伊那市出身で、味の良さと見た目の美しさが評判の「手作りおはぎ」を広めようと80歳の時に神奈川県川崎市に進出し、専門店を開いた百瀬江子さん(85)が5年ぶりに帰郷して伊那市西町の自宅で「ももすず おはぎ教室」を始めた。「自分の知識や技術が少しでも役に立てば」と話し、15種類に及ぶおはぎの作り方を教える。

手作りおはぎは、あんこやきな粉をはじめ、ヨモギ、クルミ、桜、ゴマ、紫イモ、ソラマメを原料にするずんだなど種類が豊富。すべて詳細な作り方が決まっており、いずれも教室で学ぶことができる。

新型コロナウイルスの感染対策で、教室は講師の百瀬さんと受講者1人のマンツーマン指導。日曜日を除く月曜日から土曜日に開催する。時間は1回1時間で、受講料は1回2500円。その他、別料金で食材の販売にも応じる。

百瀬さんは長年、伊那市内で夫の政雄さん(享年68)と仕出し弁当を扱う飲食店を経営。夫が亡くなった後の2002年、以前から評判の良かったおはぎを収入源にしようと、自宅横に店を開いた。

その後、14年に箕輪町を訪れたジャズミュージシャンが百瀬さんのおはぎを食べる機会があり、「いい味。東京でも売れるよ」と声を掛けられて一念発起。16年には川崎市高津区へ店を開いた。一方でおはぎ専門店のフランチャイズ化を構想。志のある人たちに作り方を教え、今後開店する店も含め、関東、中京、北海道などに6店を実現した。

こうしたことを経て昨年7月、自身の高齢と首都圏のコロナ感染拡大を理由に帰郷した。百瀬さんのおはぎは、幼い頃から親しんだ母親の味が原点。自然素材にこだわり、添加物は使わない。

百瀬さんは「思い残すことがない人生を送りたい。今のうちに自分の技術を皆さんに伝えておきたい」と話す。問い合わせは百瀬さん(電話090・3585・4330)へ。

関連記事

紀伊民報社

不登校の子持つ親支援 「親カフェ」

 子どもが不登校や不登校気味で悩む保護者を支援しようと、和歌山県上富田町の「かみとんだ女性議員の会」が20日、同町朝来の喫茶店「Rカフェ2」で、つながりや語り合いの場「親cafe(カフェ)」を開...

「ウマ娘」とコラボ 27日からデジタルスタンプラリー 苫観光協会

苫小牧観光協会はゴールデンウイーク期間中の27日から5月6日まで、人気ゲーム・アニメの「ウマ娘」と連携した初のイベント「市内周遊 出走! スタンプラリー」を実施する。ウマ娘の等身大パネルを市内の観...

荘内日報社

鼠ケ関「神輿流し」 豊漁と海上安全願う 満開の桜の下 春の伝統行事

 鶴岡市鼠ケ関の弁天島にある厳島神社の例大祭行事「神輿(みこし)流し」が15日、鼠ケ関地区内で行われた。神輿を担いだ白装束姿の若い男衆たちが地区内を練り歩いた後、鼠ケ関川に入り神輿に威勢よく水を掛け...

音更ハピオ30周年企画続々 豊西牛祭りやロゴトート

 音更町内のスーパー・ハピオは今年、開店30周年を迎える。記念事業として、企業とのコラボ商品やオリジナル商品を随時販売していく予定で、「特別感のある商品で日頃支えてもらっているお客さまに還元したい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク