全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

34年ぶり1000万人割れ 国際線9カ月連続ゼロ、新千歳20年旅客6割減

新型コロナの影響で減便、運休が相次いだ昨年の新千歳空港

 北海道エアポートは、2020年の新千歳空港の航空概況(速報値)を発表した。新型コロナウイルス禍で乗降客数は前年比62・2%減の929万7546人となり、千歳空港時代の1986年以来、34年ぶりに1000万人を割り込んだ。国内線は、国の緊急事態宣言発令を受けた旅行、出張控えなどで大幅に減便、運休。国際線は3月下旬以降、海外航空会社が軒並み運航を停止し、4月から9カ月連続で一般乗降客ゼロが続く。

 国内線は58・2%減の866万5563人。路線別の主な内訳は羽田線が58・5%減の421万9842人、伊丹線は50・9%減の62万5740人、関西線は57・5%減の52万4786人、成田線は59・2%減の79万3782人、中部線は61・2%減の66万5666人、仙台線は56・4%減の39万5756人だった。

 国際線は83・6%減の63万1983人。内訳は中国線が83・7%減の10万5655人、韓国線は92・7%減の8万6653人、台湾線は82・7%減の14万6570人、香港線は76・7%減の10万8576人、タイ線は73・8%減の10万5298人、その他の定期便は74・1%減の7万9099人となっている。

 国際旅客便はコロナの影響で、3月25日にハワイアン航空がホノルル便を運航したのを最後に全路線で運休しており、利用実績は1月から3月25日までの分となっている。

 なお、昨年12月単月の乗降客数は、国内線が前年同月比66・5%減の52万2527人、国際線はゼロ(前年同月は37万7568人)だった。

関連記事

帯広徳洲会病院「発熱外来」 入り口分け8日開設

 帯広徳洲会病院(音更、棟方隆院長)は8日から、「発熱外来」の運用を開始する。建物を一部改築し、発熱症状などがある患者と他の患者の入り口や動線を分ける。  発熱外来は同病院南側にある検査科予...

個性豊かな商品がずらり 障がい者の就労支援 ナイスハートバザール

 就労継続支援事業所などの商品が集うバザー「りゅうぎんプレゼンツナイスハートバザールin石垣島」が6日、マックスバリュやいま店駐車場であった。市内の9事業所が出店し、月桃おにぎりや牛乳パックを材...

長野日報社

コロナワクチン医療従事者優先接種始まる 長野県諏訪地方

 県諏訪保健福祉事務所は6日、新型コロナウイルスワクチンの医療従事者向け優先接種の実働訓練を諏訪市の諏訪赤十字病院などで実施した。午前と午後の2部制で午後は、基本型接種施設の4病院(諏訪赤十字...

荘内日報社

鶴高専が担う鶴岡の未来 地元企業との連携語り合う

 鶴岡商工会議所(加藤捷男会頭)の「鶴岡ものづくり企業懇談会」が5日、鶴岡市の東京第一ホテル鶴岡で開かれ、今月末で退任する鶴岡工業高等専門学校の高橋幸司校長の講演と、地元企業関係者を交えたパネルディ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク