全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ジンギスカン「あびじん」開発 ロース赤身肉ホエーで熟成

安平町の新たな商品として提供を予定している「あびじん」

 安平町内の食品加工会社「ジャパンフーズサービス」(早来大町)が、チーズ生産時にできるホエーを使って熟成させた特製赤身肉の新しいジンギスカン「あびじん」を開発した。軟らかさと羊肉本来のうま味や香りを引き出したこだわりの一品。3月から一般への販売を予定している。

 同社は、町内早来大町の飲食店「レストランしばらく」を経営する中村陽史さん(43)が「町内に眠っているアイデアを形にしたい」との思いから、2019年5月、店舗に隣接する自宅の一部を使って立ち上げた。「新鮮なアイデアが形になり、安平町のPRや声を上げてくれる人の力になれば」と考えており、今回はその第1弾となる。

 あびじんは、ニュージーランド産のマトンロースの筋や脂を全て取り除き、ロースの赤身肉のみを使用した。町内の「チーズ工房角谷」から無償で提供してもらったホエーを塗って2日間熟成させた後、スライスして再度ホエーを塗り2日間熟成させることでうま味や香りを引き出すことができる。美容や健康に欠かせない成分をたっぷりと含んでおり、ダイエットや疲労回復にも効果があるという。

 味は塩、しょうゆ、6種類の香辛料を使ったオリジナルの「スパイシー」の3種類。750グラム(250グラム×3袋、組み合わせ自由)で税込み3000円の予定。PRも兼ねて現在も行っている、インターネットで資金を調達する「クラウドファンディング」では200人を超える支援を受け、額は目標設定した30万円の5倍以上となるなど好評だ。

 一般への販売はクラウドファンディングの返礼品の配布終了後となる。中村社長は「ホエーを使って熟成させることで肉質が軟らかく食べやすいし、香りも乗ってくる。かなりこだわって作りました」とアピールしている。

関連記事

帯広徳洲会病院「発熱外来」 入り口分け8日開設

 帯広徳洲会病院(音更、棟方隆院長)は8日から、「発熱外来」の運用を開始する。建物を一部改築し、発熱症状などがある患者と他の患者の入り口や動線を分ける。  発熱外来は同病院南側にある検査科予...

個性豊かな商品がずらり 障がい者の就労支援 ナイスハートバザール

 就労継続支援事業所などの商品が集うバザー「りゅうぎんプレゼンツナイスハートバザールin石垣島」が6日、マックスバリュやいま店駐車場であった。市内の9事業所が出店し、月桃おにぎりや牛乳パックを材...

長野日報社

コロナワクチン医療従事者優先接種始まる 長野県諏訪地方

 県諏訪保健福祉事務所は6日、新型コロナウイルスワクチンの医療従事者向け優先接種の実働訓練を諏訪市の諏訪赤十字病院などで実施した。午前と午後の2部制で午後は、基本型接種施設の4病院(諏訪赤十字...

荘内日報社

鶴高専が担う鶴岡の未来 地元企業との連携語り合う

 鶴岡商工会議所(加藤捷男会頭)の「鶴岡ものづくり企業懇談会」が5日、鶴岡市の東京第一ホテル鶴岡で開かれ、今月末で退任する鶴岡工業高等専門学校の高橋幸司校長の講演と、地元企業関係者を交えたパネルディ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク