全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

自分たちの将来託せる候補は 庄農高1年生が知事選の模擬投票

 鶴岡市の庄内農業高校(加藤千恵校長、生徒156人)で21日、県知事選(24日投開票)をテーマにした主権者教育の授業が行われ、1年生が選挙の仕組みや実際の2候補の政策を学び、模擬投票を体験した。

 主権者教育は、社会の構成員として主体的に地域の課題解決などに関わっていく力を養うもの。今回は、国語科の佐藤忠教諭が「国語総合」の一環で初めて企画。午前に食料生産科32人、午後に食品科学科の21人が学んだ。

 午前の授業では、佐藤教諭が「2年前の参院選の投票率は、県全体は全国一(60・74%)だったが、10代は36・33%と低かった」「今回の知事選では新人の大内理加氏と現職の吉村美栄子氏が立候補している」など説明。生徒たちは、子育て支援や農業振興など両候補の政策に関する新聞切り抜きを読んだ後、どちらを支持するか投票用紙に名前を書き、教卓に置かれた投票箱に入れた。

 渡邉孝晟さん(16)は「将来は就農するが、農業は高齢化が進んでいる。若い農業者が増え、地域の経済が良くなりそうな人に投票した」、齋藤朱葉さん(15)は「将来、子どもができた時、より暮らしやすく、みんなが『山形は良いところだ』と思える県になるかどうかで判断した」と話した。

 佐藤教諭は「多くの情報が出ている今が一番関心を持ってもらえるはず。本校の卒業生は7、8割が県内に残るため、投票権を持つ前から身近な政治のことを考えてもらえたら」と語った。開票は、実際の知事選の開票後に行うという。

模擬投票を行う庄内農業高の生徒たち

関連記事

帯広徳洲会病院「発熱外来」 入り口分け8日開設

 帯広徳洲会病院(音更、棟方隆院長)は8日から、「発熱外来」の運用を開始する。建物を一部改築し、発熱症状などがある患者と他の患者の入り口や動線を分ける。  発熱外来は同病院南側にある検査科予...

個性豊かな商品がずらり 障がい者の就労支援 ナイスハートバザール

 就労継続支援事業所などの商品が集うバザー「りゅうぎんプレゼンツナイスハートバザールin石垣島」が6日、マックスバリュやいま店駐車場であった。市内の9事業所が出店し、月桃おにぎりや牛乳パックを材...

長野日報社

コロナワクチン医療従事者優先接種始まる 長野県諏訪地方

 県諏訪保健福祉事務所は6日、新型コロナウイルスワクチンの医療従事者向け優先接種の実働訓練を諏訪市の諏訪赤十字病院などで実施した。午前と午後の2部制で午後は、基本型接種施設の4病院(諏訪赤十字...

荘内日報社

鶴高専が担う鶴岡の未来 地元企業との連携語り合う

 鶴岡商工会議所(加藤捷男会頭)の「鶴岡ものづくり企業懇談会」が5日、鶴岡市の東京第一ホテル鶴岡で開かれ、今月末で退任する鶴岡工業高等専門学校の高橋幸司校長の講演と、地元企業関係者を交えたパネルディ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク