全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

しばれ歓迎 イグルー着々 然別湖「コタン」30日開幕

凍らせたブロックの間にシャーベット状の雪を詰めてイグルーを造るスタッフ

 鹿追町の然別湖に雪と氷でつくった建物「イグルー」が並ぶ「しかりべつ湖コタン」。30日の開幕を目指し、準備が急ピッチで進んでいる。20日は二十四節気の一つで、寒さが最も厳しい時期とされる「大寒」。湖上に時折強い風が吹く中、約20人のスタッフがイグルー造りに取り組んでいた。

 コタンは今年で40回目を迎える冬の風物詩。雪と湖の水を凍らせたブロックを積み上げ、ホールやアイスバーや露天風呂、宿泊できるロッジなどをつくる。準備は昨年12月中旬に開始。ブロックの間にシャーベット状の雪を詰めて固め、透明度の高い湖の氷で建物内を装飾していく。

 今年は新型コロナの影響で、ボランティアの外国人らが参加できず、スタッフは例年の3分の2に。来場客の人数制限や密にならない動線づくりに苦心した。

 現場責任者を務める斎藤慎吾村長(48)は「コロナ禍でも自然は変わらない。然別湖の氷や雪の美しさを感じて、心休まるひとときを過ごしてほしい」と話していた。

 20日の十勝地方は、晴れて地表の熱が上空に奪われる放射冷却の影響で、朝の最低気温は大樹で氷点下25.1度、幕別町糠内で同24.6度などを記録。帯広は同17.6度だった。

関連記事

長野日報社

車中泊旅行の増加期待 下諏訪町赤砂崎公園に電源設置

長野県下諏訪町は、同町赤砂崎公園右岸広場駐車場にキャンピングカー向けの電源設備4基を設置した。3密を避けて旅行ができる車中泊旅行者の増加につなげようと、新型コロナウイルス感染症対応の地方創生臨...

無観客の「豊橋鬼祭」始まる

 国の重要無形民俗文化財「豊橋鬼祭」が10日、豊橋市八町通3の安久美神戸神明社で始まった。新型コロナウイルス対策で、神社内のみでの無観客開催となった。  初日は宵祭で、青鬼出動と岩戸舞。午前1...

児童が「エゴマだんご」開発

設楽名倉小5年生7人  設楽町立名倉小学校の5年生児童7人が、稲作地帯をアピールするため、和菓子「エゴマだんご」を開発した。地元で栽培されるエゴマを、あんや皮に使う。13日から3月31日まで、...

コロナの冬もぬくもりとよろこびを おびひろ氷まつり 29日開幕

 帯広三大祭りの一つ「第58回おびひろ氷まつり」(帯広のまつり推進委員会主催)が29日、JR帯広駅北側の「夢の北広場」など3会場で開幕する。氷彫刻の制作は大詰めを迎え、バイクや天使、エンゼルフ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク