全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

新たに2社の入居決定 白浜のITオフィス

新たに2社の入居が決まったITビジネスオフィス「アンカー」=和歌山県白浜町で

 和歌山県白浜町のITビジネスオフィス「アンカー」に、新たに2社が進出することになった。県と町が19日、発表した。
 2社は、人工知能によるデータ解析サービスを産業、医療の分野に提供する「ハカルス」(京都市)と、不動産業界向けに情報通信技術を用いるサービスを提供する「スマサポ」(東京都中央区)。
 ハカルスはソフトウエア開発などを2月から、スマサポは問い合わせ対応業務を5月から、それぞれ始めるという。向こう3年で、両社で計23人を雇う予定。
 仁坂吉伸知事は19日の会見で「新型コロナがあって投資をするのが大変な中、良かったと思う。東京(などの都市部)に皆が集まっていたら、新型コロナの影響で、事業を円滑に進めるには少しリスクがあるので、別のオフィスをつくるという流れになっていくはず。一方で、全体的に調子が悪い中で、先を見て選んでいただいたのはありがたい」と話した。
 新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う緊急事態宣言が11都府県に発令されていることを踏まえ、調印式は開かない。仁坂知事と白浜町の井澗誠町長は、それぞれの企業との進出協定書に持ち回りで調印する。
 アンカーは、不動産事業を手掛ける「オーエス」(大阪市)が運営しており、昨年11月にオープンした。企業に貸せる部屋は7室あり、今回の2社とは別に、既に2社が入居している。
 白浜町にはアンカー以外に、町営のITオフィスが二つある。町によると、湯崎地区の海が望める高台にある第1オフィスに5社、平草原公園にある第2オフィスには4社が入居している。

関連記事

紀伊民報社

江戸時代の錫杖? 児童が河原で見つける

 和歌山県田辺市龍神村湯ノ又の河原で地元の小学生2人が、僧侶が行脚する時に用いる仏具「錫杖(しゃくじょう)」の一部が落ちているのを見つけた。形状や傷み具合などから、江戸時代に作られたものと推測さ...

市協働・男女平等参画室 性の多様性を理解する職員に 「アライバッジ」配布

苫小牧市協働・男女平等参画室は、性的少数者への理解と支援の意志を持つ市職員に対し、支援者を意味する「ALLY(アライ)バッジ」を配布する取り組みを始めた。バッジを名札などに付けて「アライ」であるこ...

荘内日報社

常に学びの心忘れず努力(荘内看護専門学校)
入学20人看護の道目指し決意

 鶴岡市立荘内看護専門学校(鈴木聡校長)の入学式が15日、市立荘内病院講堂で行われ、第48回生の20人が看護の道を目指し、勉学に励む決意を新たにした。  1950年に創立され、3年制で看護師国家資格の...

宇部日報社

常盤公園でボタン見頃 昨年より早く 大ぶりで艶やか【宇部】

 常盤公園でボタンが見頃を迎えている。昨年より10日ほど早く開花。ぼたん苑では約100品種、250株が咲き誇り、ふくいくとした香りを漂わせている。    鮮やかなピンク色の「紅輝獅子」、純白の「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク