全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

格付「1等」 上農高生栽培のコシヒカリ

等級検査で「1等」のお墨付きを得て、喜ぶ生徒たち(右は登録検査員の三澤さん)

 南箕輪村がブランド化を進める特別栽培米コシヒカリ「風の村米だより」を素材に生産・流通を実践的に学んでいる上伊那農業高校生産環境科・作物生産コースの3年生22人が15日、丹精した有機肥料栽培米をJA上伊那に出荷した。受け入れ先の同JA伊那支所(伊那市荒井)は等級検査で「1等」に格付け。検査の様子を見学した生徒たちからは「やったー」と歓声が上がった。

 約26アールの実習田で約1・9トンを収穫。このうち150キロ(玄米)を同JAに持ち込んだ。同支所農業倉庫前では同JA米穀課係長で登録検査員の三澤宏樹さんが「穀刺し」と呼ばれる道具を使って米袋から米を採取し、形質、水分、整粒歩合などを検査。「すごくきれいでいい米だ」と評価した。

 総合実習や生産環境IIの授業の一環で、特別栽培米作りに有機肥料栽培で取り組んできた生徒たち。瀬戸拓真さん(18)は「自分たちが一生懸命育てたお米が1等として判定されたことがすごくうれしい。まずは地元の皆さんに食べてもらいたい」と話した。

 登録検査機関から「1等米」のお墨付きを得た上農産米は、同村のブランド米「風の村米だより」として長野市内の精米卸店で販売予定。生徒たちも現地に出向き、販売や流通を学ぶという。指導する岩崎史教諭は「米の生産を学ぶだけでなく、品質を評価して正しく売ってくれる人がいるからいいものが消費者に届くということを学ぶことができると思う」と期待していた。

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク