全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

厳寒の農村部に彩り 伝統の干し餅作りピーク

干し餅をずらりとつるして乾燥させる(三種町志戸橋で)

 能代山本の農村部で、干し餅作りが盛んに行われている。厳寒期に仕込む昔ながらの保存食で、作る人は少なくなったものの、産地直売所などで今なお人気を集めている。手間と時間を要する作業だが、農家が自然の力を生かして製造に励んでいる。

 かつて冬場の保存食として各家庭で重宝された干し餅。自家製造する家庭は減ったものの、産直では根強い人気があり、会員の農家がそれぞれこだわりを持って製造。遠方に暮らす親戚や知人に「古里の味」として発送する消費者もいる。
 三種町志戸橋の石井繁子さん(74)は、姑(しゅうとめ)が行っていた干し餅作りを35年ほど前から引き継いで毎年製造している。今冬は今月5日に作り始めた。
 もち米を一晩浸して蒸してつき、木製の「だし」(型)の中に入れて延ばす。数日置いて硬くなってから切り、テープで編んだ後、湯や水に浸して屋外で凍らせ、さらに倉庫で20日間から1カ月ほどかけて乾燥させて仕上げるという。
 冷凍庫は使わず、すべて「自然の力」で完成させる。氷点下3度ほどまで冷え込まないと餅が凍らないといい、気温を気にしながらの作業。昨季は暖冬とあって各農家が製造に難儀したが、石井さんは「寒いほどよく仕上がる。上々の凍り具合」と話す。
 餅をついたり小屋に運んだりと連日作業。白やピンク、緑と色とりどりの干し餅がずらりと並び、冬の農村部ならではの光景を演出している。干し餅は同町森岳のじゅんさいの館で2月中旬ごろから販売するほか、県内各地の常連客にも発送する。
 「30年ほど前は志戸橋の各家庭で干し餅を作っていたが、高齢化で今は数軒程度となった」と石井さん。手間も時間もかかる干し餅作りだが、「お客さんが待ってくれている。今後もできる限り続けていきたい」と笑顔で話していた。

関連記事

紀伊民報社

江戸時代の錫杖? 児童が河原で見つける

 和歌山県田辺市龍神村湯ノ又の河原で地元の小学生2人が、僧侶が行脚する時に用いる仏具「錫杖(しゃくじょう)」の一部が落ちているのを見つけた。形状や傷み具合などから、江戸時代に作られたものと推測さ...

市協働・男女平等参画室 性の多様性を理解する職員に 「アライバッジ」配布

苫小牧市協働・男女平等参画室は、性的少数者への理解と支援の意志を持つ市職員に対し、支援者を意味する「ALLY(アライ)バッジ」を配布する取り組みを始めた。バッジを名札などに付けて「アライ」であるこ...

荘内日報社

常に学びの心忘れず努力(荘内看護専門学校)
入学20人看護の道目指し決意

 鶴岡市立荘内看護専門学校(鈴木聡校長)の入学式が15日、市立荘内病院講堂で行われ、第48回生の20人が看護の道を目指し、勉学に励む決意を新たにした。  1950年に創立され、3年制で看護師国家資格の...

宇部日報社

常盤公園でボタン見頃 昨年より早く 大ぶりで艶やか【宇部】

 常盤公園でボタンが見頃を迎えている。昨年より10日ほど早く開花。ぼたん苑では約100品種、250株が咲き誇り、ふくいくとした香りを漂わせている。    鮮やかなピンク色の「紅輝獅子」、純白の「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク