全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

苫小牧市人口 減少幅が戦後初1000人超、年度内に17万人割れも

 苫小牧市は18日までに、住民基本台帳に基づく2020年12月末の総人口を発表した。前年比1037人減の17万205人で、7年連続で前年を下回った。年間の減少幅が1000人を超えたのは戦後初めて。この減少スピードが続くと、今年度内に17万人を割る可能性が出てきた。

苫小牧市の人口推移

 市政策推進課によると、20年総人口は、男性が前年比392人減の8万3313人、女性は同645人減の8万6892人。世帯数は、単身世帯や世帯分離の拡大を背景に同532世帯増の8万9992世帯に上った。7、9月末には一時、9万世帯の大台に乗った。  苫小牧市の人口は13年末に17万4469人のピークを迎え、翌年から減少傾向が続いた。減少幅は年200人台後半から700人台半ばで推移したが、20年末は1000人台に達し、減少率は0・61%と例年の2倍程度に上昇した。

 自然動態(出生と死亡の差)を見ると、出生数よりも死亡数が多い自然減は11年末から10年連続となり、減少幅は年々拡大している。11年末の年間出生数、死亡数は共に1500人台で減少幅も78人だったが、20年末は出生数1152人(前年比6人増)に対し、死亡数は1970人(同43人増)で減少幅は818人まで膨らんだ。ただ、出生数は7年ぶりに増加に転じている。

 一方、社会動態(転入と転出の差)は3年ぶりに転出が転入を上回る社会減となった。20年末の年間転入数5772人(同394人減)に対し、転出数は5997人(同19人増)で、社会減は225人に達した。  町別で見ると、年間の減少幅が100人を超えたのは▽日新町の4572人(同151人減)▽大成町の3427人(同141人減)▽勇払1812人(同109人減)―の3町。いずれも、洋紙生産事業から日本製紙勇払事業所が撤退した影響や市営住宅改築など、特別な地域事情を抱えている。

 1995年に到達した17万人台の維持は厳しい情勢にさらされている。2020年は1、2月で計250人以上減っており、市政策推進課は「同じペースでいけば20年度中に16万人台に落ち込む」と指摘する。

 市は人口減少対策に特化した新たな総合戦略(20~24年度)を策定し、地元雇用の拡大や子育て支援の充実、移住促進などの施策を展開中。同課は「産業都市として生産年齢人口(15~64歳)を増やす取り組みを推進しながら、人口減を食い止めたい」としている。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク