全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

気合を入れて正拳突き 八峰町の白瀑神社で寒稽古

滝つぼに入り、寒稽古に励む

 八峰町八森の白瀑神社(神垣睦廣宮司)で17日、国際空手道連盟極真会館秋田支部(伊藤和摩支部長)が寒稽古を行った。県内から34人が参加し、冷たい滝つぼに入り、気合のこもった掛け声を上げて正拳突きを繰り返し、心身の鍛錬を図った。
 同神社は仁寿3(853)年に慈覚大師円仁が創建したと伝わる。神社裏手の白瀑(高さ約17㍍)では、毎年8月1日の例大祭に合わせ、男衆に担がれた神輿が滝つぼに入る「みこしの滝浴び」が行われる。
 同支部は平成24年度から白瀑神社で寒稽古を実施。今回は新型コロナウイルスの感染拡大防止対策として、合宿を2回に分けて人数を分散させたり、代表者のみで神事を行ったりした。
 この日は、小学2年生から61歳までの34人が参加。午前10時ごろに代表者が神事を受けた後、境内をランニングし、滝つぼの前で神垣宮司からお払いを受け、次々に滝つぼに入り、「エイッ、エイッ」と正拳突きを20回繰り返した。
 秋田地方気象台によると、午前10時ごろの八峰町八森地域の気温は氷点下0・4度。身を切るような水の冷たさに表情をこわばらせる参加者も見られた一方で、上半身裸で臨む〝猛者〟もいた。
 初めて参加した小杉山暖君(能代市第五小4年)は「思っていたよりも水が冷たかったが、しっかり正拳突きができた。今年も蹴りや突きをたくさん繰り出して試合を楽しみたい」、中川倫太君(同小3年)は「去年は県大会で優勝したけれど、コロナの影響で大会が少なかったのが残念だった。今年は東北大会で優勝できるように頑張りたい」と語った。
 同支部の寒稽古は来月7日にも同神社で行われる予定。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク