全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

コロナ早期終息も願い 「どんど焼き祭」荘内神社

 鶴岡市の荘内神社(石原純一宮司)で15日、1年間お世話になったお守りなどを燃やして今年一年の無病息災や家内安全を祈る「どんど焼き祭」が行われた。今年は郵送でも受け付け、県内各地から多くの縁起物などが寄せられた。

 同神社では小正月を締めくくる恒例行事として門松などの正月飾りや、古くなったお札、お守りなどに感謝し焚き上げている。どんど焼きの火に当たると1年間風邪をひかないとされ、例年スルメや昆布などを竹ざおの先に挟んで燃え上がる火にあぶって食べ、無病息災を祈る。しかし今年は感染症対策の観点から取りやめ、振る舞いの甘酒も持ち帰り形式にした。

 同日、参道には約3メートル四方の焼き場が設けられ、年末から同神社に持ち込まれた松飾りやだるまなどが積み上げられた。定刻を迎えると疫病鎮静祈願などの神事が始まり、神火をともした松明(たいまつ)で火入れ。同神社に奉納された絵馬なども次々と火の中へ入れられ、静かに手を合わせる参拝者の姿も見られた。

鶴岡市の荘内神社で小正月行事「どんど焼き祭」が行われた

 石原宮司は「新型ウイルスはあっという間に世界中に広まってしまい、今、私たちは長いトンネルの中にいるような状況が続いているが、どんなに長いトンネルでも出口はある。もう少しみんなで心を一つにして頑張っていきましょう」と話していた。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク