全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

岡部さん珠算1級満点 6段保持する十勝振興局職員

 昨年10月に行われた珠算能力検定試験(日本商工会議所主催)の1級試験で、十勝総合振興局職員の岡部孝汰さん(21)が十勝管内で唯一、満点合格を果たした。満点合格者は全国で31人、道内では2人のみの快挙。管内で出たのは4年ぶりで、岡部さんは「結果を出せてうれしい」と喜んでいる。

珠算能力検定の1級試験で満点合格を果たした岡部さん

 岡部さんは帯広市生まれ。柏小、翔陽中、帯広南商業高校卒。もともと数字が好きだったことから、祖母の勧めで珠算を始め、小学1年から中学3年まで市内の帯広三珠会丸田教場に通った。高校時代は珠算部に所属し、全道大会での優勝経験もある。社会人になってからも独学で続け、現在は珠算6段、暗算8段の資格を持っている。

 1級は小学5年の時にすでに合格しており、今回の試験では7段を受ける予定だった。ところが、かつて指導を受けた帯広三珠会丸田教場の丸田艶子さんが誤って1級の申込書を岡部さんに渡した。岡部さんは誤りに気付いたが、丸田さんから「満点合格を目指したら」と言われ、「ノリで受験した」(岡部さん)という。

 掛け算、割り算、みとり算の合計50問を30分で解く1級の受験は小5の合格時以来。岡部さんは「段位試験の時はスピードをつけるが、今回は正確にはじく練習をした」と振り返る。今回試験の合格者3539人中、満点合格の割合は0.9%。難易度が高く何度も挑戦する人がいる中、岡部さんは満点合格初チャレンジで快挙を手にした。

 振興局では総務課に所属し、物品購入や契約などを担当。「電卓と暗算では暗算の方が計算は速い。最初は暗算、2回目は電卓で検算をしている」と仕事でも能力を生かしている。今後は10段の取得を目指しており、「今回の結果を自信に変え、珠算や普段の生活でもどんどん挑戦していく気持ちで頑張りたい」と話している。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク