全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

氷柱ぐんぐん成長 茅野の小斉の湯

高さ8メートルまでに育った「小斉の湯」の氷柱。夜間はライトアップされ、二つの氷柱が幻想的に浮かび上がる

茅野市蓼科のビーナスライン沿いにある温泉施設「小斉の湯」の庭に、巨大な氷柱がお目見えしている。標高1260メートルの寒さと湧き水を利用した氷の芸術作品で、冷え込みが厳しい今冬はすでに高さ8メートルまでに成長。太陽光を浴びる日中は青白く輝き、照明が当たる夜は幻想的な造形が闇夜に浮かび上がっている。

15年ほど前から続ける冬の演出で、湧き水を引いて噴き上げている。同施設の荻原高年さんによると、昨季は記録的暖冬に悩まされたが、今季は師走のうちから順調に育ち始め、南岸低気圧がもたらした12日のカミ雪でさらに成長したという。

ライトブルーの美しい輝きは透明度の高い湧き水ならでは。午後5~9時には高さ8メートルと5メートルの二つの氷柱をライトアップしている。見頃は2月末まで。荻原さんは「今後の冷え込み次第では10メートルまで達するのでは。ぜひ立ち寄って、体が温まる酸性泉かけ流しの湯とともに楽しんでいただければ」と話している。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク