全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

どんな三川町に アイデア提案

 三川町役場で14日、小学生と町議会全10議員の懇談会が行われた。例年は横山、東郷、押切の町内3小学校の児童代表が実際役場を訪れているが、新型コロナウイルスの感染拡大もあって、児童たち計17人はそれぞれの小学校からウェブ参加となった。

 「三川町をどんな町にしたいか?」では、子どもたちは昨年7月下旬の豪雨で床上浸水の被害が出たことが大きなショックだった様子。県内で唯一すべて平地の自治体だけに「赤川の堤防の高さを上げるべき」との意見が出た。横山小は6年生の修学旅行で宮城県南三陸町を訪れ、海岸線の大規模なかさ上げを見学してきただけに、水害防止のため堤防の高さに言及した。

 議員を代表するように答弁したのが志田徳久町議。「南三陸町で学んだことを基に三川の安心、安全につなげようという意識は素晴らしい」と称賛した上で、赤川の管理は多くを国が行っていること。かさ上げより、川幅を広げることで流れを緩やかにし、水害被害がないよう長年工事を行ってきたことを説明。また今後も河川改修を行い、水害に備えていくことを話した。

 一方で川の水位に関しては「監視カメラを設置すべき」という意見が各小から出て、鶴岡市との境の蛾眉橋では既に設置されていることなどが説明された。

 また「活気あふれる住みやすい町にしたい」という意見の中では新商店街をつくり、町のマスコット「みかわん」のキーホルダーやふりかけ、さらにはTシャツを作り、盛り上げてはというアイデアの際、かわいい自作イラストを提示した児童もいた。

 この懇談会は2012年から行われている恒例の催し。本来、昨年内に予定されていたがコロナ禍のため、いったん中止が検討された。ただ各校とも懇談会に向けての校内の話し合いが進んでいたことでオンラインでの開催となった。

みかわんのイラストを描いてTシャツ制作を提案した児童(ウェブ参加)もいた

関連記事

紀伊民報社

南高梅の収穫始まる 不作とひょう害で厳しく

 梅産地のみなべ町や印南町で、主力品種「南高梅」の収穫が始まった。JA紀州によると、暖冬や不完全な花が多かった影響などにより例年にない不作の上、ひょうの被害も重なり、厳しい年となっている。  ...

荘内日報社

庄内町産豚肉使用のレトルトカレー販売開始 北月山荘フレンチ食堂 モン・ヴィ..

 庄内町の月の沢温泉・北月山荘のフレンチ食堂「モン・ヴィペール」で調理を担当するシェフ・富樫一仁さん(42)が、同町産豚肉を使ったレトルトパック「ポークカレー」の販売を今月から開始した。同施設限定販...

国旗検定合格・山下さんの夢応援 帯広の澤田さん国連切手プレゼント

 帯広市在住の元自衛官澤田孝廣さん(76)は、「国際知識検定国旗(国旗検定)」1級に合格した下音更小学校3年生の山下康(こう)さん(8)に、1000枚超の「国連切手(国旗シリーズ)」をプレゼントし...

宇部日報社

おーるうぇいずが自立援助ホーム「永紬」開設 市内初20歳未満の入所施設【..

 NPO法人おーるうぇいず(松本鉄己代表)が、自立援助ホーム「永紬(なつむ)」を宇部市内に開所した。義務教育を終えた15歳からの子どもたちが、社会で自立した生活を送れるように、家庭的な雰囲気の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク