全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

氷上で熱く楽しく! 長靴アイスホッケー

 滑りやすい足元と格闘しながらスケートリンクを長靴で走り回る「第31回長靴アイスホッケー大会」(鶴岡市体育協会主催、鶴岡市・鶴岡市教育委員会・荘内日報社後援)が12日夜、鶴岡市の小真木原スケート場で開幕した。出場6チームによる総当たり戦が2月中旬ごろまで繰り広げられる。

 31回目となる今大会には市内の職場や友人などでつくる常連チームをはじめ6チームがエントリー。出場チームは年々減少傾向にあるというが、選手の中には対戦相手の試合の様子を動画で撮影して分析したり、滑りにくい長靴の情報交換など競技に懸ける熱意はスポーツアスリートさながらだ。順調に試合が消化されれば最終試合は2月18日で、優勝と準優勝チームは3月に秋田市で開催が予定されている選手権大会への優先出場権が与えられる。

 開幕初日は計2試合が行われた。試合中に降りだした雨で氷上が滑りやすくなり、転倒者が続出。選手たちは白い息を切らしながらボールを追い、シュートが決まると一段と大きな拍手が起きていた。試合の下見に来ていた出場チームのメンバーは「昨年初出場して最下位だったので、今回は1点でも多く点を取ることが目標。自分がお祭り好きなので職場のみんなと参加できるイベントとして楽しみたい」と意気込んでいた。

 長靴アイスホッケーは1978(昭和53)年、スケートが苦手な人でも冬季間に気軽にスポーツが楽しめるようにと北海道釧路町で誕生した。今では東北各地や関東圏などにも競技が広まり、全国大会も開かれている。文字通りスケート靴の代わりに長靴をはいてプレーし、使用するリンクやゴールはアイスホッケー競技と同じだが、ゴムボールを使用したり、ルールも簡素化されている。同市では冬場のレクリエーションスポーツとして大会をスタートさせ、県内唯一のリーグ戦を続けている。

(12日の結果) Tユナ 4―0 フドウ 稲穂F 不戦勝 Tシティ

滑りやすい足元と格闘しながらスケートリンクを長靴で走り回る選手たち=12日

関連記事

荘内日報社

庄内の冬を楽しむ「寒鱈まつり」テークアウト対策講じて 鶴岡

 冬の庄内の味覚を代表する寒ダラを味わう「日本海寒鱈(かんだら)まつり」が17日、鶴岡市の鶴岡銀座通りで開かれた。全てテークアウト方式にするなど新型コロナウイルス感染の防止策が講じられ、大きな鍋を持...

紀伊民報社

望楼の芝で野焼き 「本州最南端の火祭り」は中止

 和歌山県串本町潮岬の望楼の芝(約10ヘクタール)で13日、害虫を駆除し、新芽の生育を促すことを目的にした野焼き作業があった。毎年この時季に開催している観光を目的とした「本州最南端の火祭り」(南...

苫小牧出身・伊藤優希 プロ野球独立リーグ徳島に入団、今秋のNPBドラフト..

 社会人野球の北海道ガスに昨年末まで所属していた苫小牧市出身の外野手伊藤優希(24)がこのほど、プロ野球独立リーグ四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスに入団した。50メートル5秒7...

生徒寮鵡川高野球部「三氣塾」お披露目、復興のシンボルに

 胆振東部地震で被災し、むかわ町が整備を進めていた鵡川高校野球部の生徒寮「三氣塾」(むかわ町文京)の完成お披露目会が17日に開かれた。来賓や関係者らが施設の再建を祝い、部員たちが思いを新たにしてい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク