全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「コロナに負けない」 ナリムチに願い 奄美各地で

坂下さんの店で飾り付けられたナリムチの枝を買い求める女性客=11日、鹿児島県奄美市名瀬

 14日は奄美大島の新春の風物詩「ナリムチ」。島内の各商店には、色とりどりの餅が飾られたブブ木(リュウキュウエノキ)が並び、来客者らの目を和ませている。五穀豊穣(ほうじょう)や無病息災を願い、仏前や墓前に供える風習。今年は新型コロナウイルスの収束を願って買い求める客の姿も見られた。

 ナリムチは1月14日にブブの木に餅を刺し、家や墓にささげる。現代は染料で染めた赤、黄、緑、白の4色の鮮やかな餅だが、かつてはヨモギを混ぜたフチモチや、黒砂糖を混ぜたサタムチだったという。餅と枝を別々に購入し、自宅で飾り付ける家庭が一般的だが、近年ではすでに飾り付けられたものを購入する家庭も増えている。

 ナリムチは白金が木になるということを意味し、商売を営む家では大きな枝のナリムチが飾られた。一方、年を越すまで飾ったり、風邪を患っているときにナリムチの下で寝ると風邪が長引いたりするとも伝えられている。

 鹿児島県奄美市名瀬金久町の坂下トシ子さん(70)は毎年、ナリムチを販売するためだけに、年間4日間だけ店をオープン。壁掛けのオリジナルナリムチも販売している。勤め先の病院の受付に飾りたい、と買い求めた市内の看護師(60)は「新型コロナウイルスに負けないで、と患者さんから手紙を頂く。お礼を伝える手段がないので、せめてこのナリムチを飾り、キバリンショロー(がんばろう)と伝えたい」と話した。

関連記事

荘内日報社

庄内の冬を楽しむ「寒鱈まつり」テークアウト対策講じて 鶴岡

 冬の庄内の味覚を代表する寒ダラを味わう「日本海寒鱈(かんだら)まつり」が17日、鶴岡市の鶴岡銀座通りで開かれた。全てテークアウト方式にするなど新型コロナウイルス感染の防止策が講じられ、大きな鍋を持...

紀伊民報社

望楼の芝で野焼き 「本州最南端の火祭り」は中止

 和歌山県串本町潮岬の望楼の芝(約10ヘクタール)で13日、害虫を駆除し、新芽の生育を促すことを目的にした野焼き作業があった。毎年この時季に開催している観光を目的とした「本州最南端の火祭り」(南...

苫小牧出身・伊藤優希 プロ野球独立リーグ徳島に入団、今秋のNPBドラフト..

 社会人野球の北海道ガスに昨年末まで所属していた苫小牧市出身の外野手伊藤優希(24)がこのほど、プロ野球独立リーグ四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスに入団した。50メートル5秒7...

生徒寮鵡川高野球部「三氣塾」お披露目、復興のシンボルに

 胆振東部地震で被災し、むかわ町が整備を進めていた鵡川高校野球部の生徒寮「三氣塾」(むかわ町文京)の完成お披露目会が17日に開かれた。来賓や関係者らが施設の再建を祝い、部員たちが思いを新たにしてい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク