全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

今年初の飛行訓練 ヘリ3機安全祈る 陸自第5旅団 帯広

 陸上自衛隊第5旅団(司令部帯広、広恵次郎旅団長)の第5飛行隊が12日、今年初めての飛行訓練を行い、1年間の航空安全を祈った。

悠々と流れる十勝川を眼下に飛行する「UH-1」。遠くにうっすらと日高の山並みが見える

 訓練には地上業務も含め隊員約50人が参加した。ヘリコプター「UH-1」3機が帯広駐屯地内の十勝飛行場を飛び立ち、帯広や芽室、鹿追などの上空を約40分間、翼をそろえて飛行した。

 窓からは大きな白い壁のようにそびえる日高山脈や、悠々と流れる十勝川の流れがくっきりと見えた。

 訓練の途中で広恵旅団長が無線で訓示し、「公私を問わず今年の目標を定め、それに向かって一日一歩、日々努力することを期待する」と述べた。

 同飛行隊は災害時の人員・物資空輸のほか、山岳遭難の救助や山火事の消火などに活躍している。隊員は年間90時間以上の飛行訓練を積むという。

関連記事

豆まき 十勝産で 芽室の落花生 袋詰め作業

 2月2日の「節分」を前に、芽室町産殻付き落花生の袋詰め作業が本格化している。落花生は「十勝グランナッツプロジェクト」のメンバーで、藤井信二さんを中心とする芽室町上伏古地区の農家10軒が生産し...

長野日報社

世界最大規模品評会のIWC 上位8点に上伊那2銘柄

 小野酒造店(辰野町小野、小野能正社長)の「夜明け前純米大吟醸」、米澤酒造(中川村大草、塚越寛社長)の「純米大吟醸年輪」が、英国で昨年開かれた酒類品評会「インターナショナル・ワイン・チャレンジ...

オブジェ鮮やか「彩凛華」開幕 十勝川温泉

 十勝川温泉の冬を彩るイベント「第30回おとふけ十勝川白鳥まつり彩凛華(さいりんか)」(実行委員会主催)が23日、町内の十勝が丘公園ハナック広場で開幕した。新型コロナウイルスの拡大で規模を縮小...

北羽新報社

「俳星」創刊号見つかる 能代発祥、明治33年発行

 明治、大正、昭和、平成と能代市を拠点に発行され全国有数の歴史を誇る俳誌「俳星」。現存はしないとされていた創刊の1号から3号が、市立能代図書館の書庫で見つかった。昨秋、寄贈資料を確認したところ、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク