全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

鶴岡サイエンスパーク 海外向けに首相官邸紹介慶應先端研発バイオベンチャー企業や自然と歴史に食文化

 今年で開設20周年を迎える慶應義塾大先端生命科学研究所(冨田勝所長)を中核にした鶴岡市の鶴岡サイエンスパークの取り組みが、「世界が注目する『鶴岡モデル』のまちづくり」として、海外向けに首相官邸が発行している国際広報誌とインターネットのユーチューブチャンネルで紹介された。慶應先端研発の数々のバイオベンチャー企業の誕生などに焦点を当て、「新たな地方創生モデルの発信地」として紹介している。

鶴岡サイエンスパークの動きを取り上げた首相官邸広報誌「ウイ・アー・トモダチ」の20年秋号

 官邸発行国際広報誌は「ウイ・アー・トモダチ(みんな友達)」と題した40㌻程度のA4判の雑誌で、2014年から年6回程度発行。各国の在日大使館などに配布し、日本のさまざまな情報を発信している。

 鶴岡サイエンスパークが掲載されたのは、昨年10月発行の秋号。首相官邸国際広報室によると、国内各都市の地方創生の先進事例を紹介する特集企画の一つとして、見開き2ページで取り上げた。同室は「長期的視点で学術分野に投資を行い、バイオベンチャーが次々と生まれている。そうした持続可能なまちづくりの取り組みに注目した」と話す。

 世界最大級のメタボローム解析施設を有して先進的な研究を展開している慶應先端研と、ここから誕生した腸内環境改善による病気ゼロ社会を目指すメタジェン、研究者支援の子育て施設やホテルなど幅広い事業を手掛けるヤマガタデザインなどの取り組みに触れている。

 その上で「鶴岡サイエンスパークは発展し続け、雇用創出、人材育成、研究・ビジネス・観光による交流人口拡大など、さまざまな形で地域に大きな経済効果を生み出している」と紹介し、さらに「科学への関心や地域への誇りを醸成し、鶴岡の将来を担う人材の育成にもつながっている。田んぼと最先端のバイオテクノロジーが共存する鶴岡の未来がたのしみだ」としている。

 首相官邸ユーチューブチャンネルでも慶應先端研やベンチャー企業、鶴岡の自然や歴史、食文化を動画で紹介。欧米のメディアを通じて各国でも放映されている。広報誌、動画とも英語での紹介で、動画はユーチューブ翻訳機能で日本語字幕での視聴が可能という。

関連記事

長野日報社

世界最大規模品評会のIWC 上位8点に上伊那2銘柄

 小野酒造店(辰野町小野、小野能正社長)の「夜明け前純米大吟醸」、米澤酒造(中川村大草、塚越寛社長)の「純米大吟醸年輪」が、英国で昨年開かれた酒類品評会「インターナショナル・ワイン・チャレンジ...

オブジェ鮮やか「彩凛華」開幕 十勝川温泉

 十勝川温泉の冬を彩るイベント「第30回おとふけ十勝川白鳥まつり彩凛華(さいりんか)」(実行委員会主催)が23日、町内の十勝が丘公園ハナック広場で開幕した。新型コロナウイルスの拡大で規模を縮小...

北羽新報社

「俳星」創刊号見つかる 能代発祥、明治33年発行

 明治、大正、昭和、平成と能代市を拠点に発行され全国有数の歴史を誇る俳誌「俳星」。現存はしないとされていた創刊の1号から3号が、市立能代図書館の書庫で見つかった。昨秋、寄贈資料を確認したところ、...

長野日報社

諏訪湖所々で解氷 プラス気温今季初測定

 諏訪湖の御神渡り(御渡り)の判定と神事をつかさどる八剱神社(諏訪市)の宮坂清宮司(70)らは23日朝、同市豊田の舟渡川河口近くで今季初のプラス気温を測定した。5日以降、湖面の観察を毎日続けている...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク